想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

〈物語〉シリーズ セカンドシーズンの聖地巡礼(22話恋物語 函館)

アニメでのこのあたりのカットは小樽と混合しての登場となっています。
今回は函館のBAYはこだて、金森倉庫あたりからのご紹介。
 
ここには朝に訪れて、オープン直後に観鈴の家へと移動したので、日中の観光客の多さはよく分かりませんが、朝早いことに越したことはないでしょう。
営業時間は9:30~がほとんどなので、それより前であれば十分観光客は少ないかと思います。
その時間の観光客は函館朝市に集まっていますので。
しかし、運河横からのカットは営業開始後でないと立ち入れないので注意が必要です。
 
それではどうぞ。
 
イメージ 1イメージ 14
よく似ていますが、シャフト独特の細かいアレンジはありますね。
 
 
イメージ 2イメージ 24
これが限界です。
柵の形と実際と、似ていますが、実際には斜め方向がケーブルとなっています。
このカットは営業時間内になってからでないと撮れません。
 
 
イメージ 3イメージ 22
どこだよ!ということで似ているかな・・・というところをペタリ。
 
 
イメージ 4イメージ 17
右の看板が裏表を変えて・・・などのアレンジでここがモデルでしょうね。
 
 
イメージ 5イメージ 19
貝の文字が入っていてもいいように思いますw
写真右上に見えるのは、函館山のロープウェー乗り場兼展望台。
 
 
イメージ 6イメージ 16
おそらくここでしょう。
反対側からかもしれませんが、船があったのでこちら側から。
 
 
イメージ 7イメージ 14
再度登場。
 
 
イメージ 8イメージ 20
恐らくここなんでしょうが、あまり合いません。
 
 
イメージ 9イメージ 14
ここのカットは営業時間関係なく撮れますが、交通量が多い歩道無しの橋の上からなので注意が必要です。
 
 
イメージ 10イメージ 21
このように街灯や鉄の格子?が連続で入ってる場所はありませんでした。
鉄格子?みたいなの自体が少ないです。
 
 
イメージ 11イメージ 18
恐らくここでしょう。
このような感じで電信棒があるところは1か所のみです。
 
 
イメージ 12イメージ 15
橋の上から運河。
 
 
イメージ 13イメージ 23
 
こちらも営業時間内でないと撮れないですね。
 
 
今回はこれで以上です。
 
それでは。