想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

境界の彼方の聖地巡礼(下灘駅)

境界の彼方 第0話「東雲」にて出てきました。

大歩危駅といい、田舎といえば四国!みたいになっているような気がしますw

灘駅には2回目の訪問です。
前回は早朝7時に猫物語(黒)の聖地巡礼も兼ねて来ていますw
そちらについてはこちらの記事をどうぞ。
今回は夕焼けを見るためと、境界の彼方聖地巡礼を兼ねてきました。
夕方の日没一本前の列車では混雑して撮影どころではないため、3本前に来ましたが結構人が来ましたw
夕方だけでなく、昼からも多くの人が訪れるのでここでのカットを合わせての撮影は大変です。
また、僕が訪れた際には線路等に下りたり、ホーム上にバイクを持ち込んだりする人も見受けられたのでお気を付けください。
今回は快晴で非常に天気も良く、きれいな夕焼けも見れたので満足でした!

それではどうぞ。

ちなみにアレンジが多いため、あまり一致しません。
太陽の位置も合わせることも考えましたが、さすがは夕焼けの有名な駅ですので一部カット以外は諦めています。

イメージ 1イメージ 22
3月なので季節は違うためコスモス無しで撮りました。
こう見ても素晴らしく綺麗な駅ですね。

イメージ 2イメージ 23
サイズが合いません。
ホームの屋根に合わせるならこのくらい引いてのカットになります。

イメージ 3イメージ 24
こんな感じでしょうか。

イメージ 4イメージ 25
こちらもあまり合いません。

イメージ 5イメージ 26
イメージ 6イメージ 26
こちらもあまり合いません。
というか、ホームが広すぎて線路が消え失せていますw

イメージ 7イメージ 27
遠くに見える港湾。

イメージ 8イメージ 28
あまり似ていないので、きれいに取れた昼の方でご紹介。

イメージ 9イメージ 34
このカットを撮るのもなかなか難しいです。
どう撮っても合わないと思います。

イメージ 10イメージ 35
こちらも合いません。

イメージ 11イメージ 33
奥の建物のデザインが一致していますね。

イメージ 12イメージ 32
ものすごくきれいです。
このカットはよく一致しています。

イメージ 13イメージ 29
イメージ 14イメージ 31
イメージ 15イメージ 30
これらのカットはあまり一致しません。
ヒガンバナを植えてることもあるんでしょうか。

イメージ 16イメージ 39
同じ構図のカットです。

イメージ 17イメージ 37
実際と少し質感は違いますね。

イメージ 18
こちらのカットは線路に降りても撮れないでしょうし撮らないでください。
一脚で撮られている方も見えるようなので他サイトのブログ等をご参考ください。

イメージ 19イメージ 38
どうして電信棒が消されたのかは不明です。
また、先ほどまでとても広かったホームが狭くなっています。
つじつまが合わない状態です。

イメージ 21イメージ 36
イメージ 20イメージ 40
実際にはこのように取れないので下から。

演出で夜から夜明けを描いていますが、実際の太陽の位置としては夜明けではなく日没となります。
ですので、アニメと逆方向に太陽が動く感じとなります。


比較写真は以上のようになります。
灘駅用の記事を書くつもりですが、まだ先となりそうですのでとりあえず何枚かご紹介しておきます。
イメージ 41イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
アニメのシーンだとこのくらいの時間ですね。

イメージ 48
イメージ 49
イメージ 50

今回はこれで以上です。