想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

JR北海道全線2457.7㎞ほぼ鈍行走破旅行 3日目(中篇)全行程約6100㎞11泊12日

2014年8月30日~9月10日までの11泊12日北海道全線ほぼ鈍行旅行です。
「ほぼ」と付いているのは一部区間は特急(特例区間のみ)、急行を利用しているためです。
旅行の参考にしていただけると嬉しいですが、ダイヤも変わっていることでしょうしお気を付けください。

今回の旅行は、いつもの18切符だけではなく、北海道&東日本パスを利用しました。
18切符の5日間+北海道&東日本パスの7日間=12日間 ということです。
使い方は1~4日目:18切符、5~11日目:北&東パス、12日目:18切符という使い方をしています。

※文字の行程は面倒だったら読み飛ばしてくださいw
1日目に岐阜~高山~飯山線新発田(新潟)、2日目に新発田~函館、3日目に函館~(大沼公園経由)~函館本線~札幌、4日目に札幌~新十津川→滝川~上川、5日目に上川~網走~釧路、6日目に釧路~根室~滝川~旭川、7日目に旭川稚内旭川、8日目に旭川新得~夕張~石勝線~南千歳~苫小牧~静内、9日目に静内~様似→札幌~滝川~岩見沢~苫小牧~室蘭~苫小牧、10日目に苫小牧~新千歳空港~小樽~札幌→青森、11日目に札幌→青森~花輪線~盛岡~小山(栃木)、12日目に小山~岐阜という日程で行ってきました。
今回はその1日目(前篇)です。
今旅行は単独旅行となっています。
まぁ、こんな長期間の旅行に一緒に行こうとする友達はなかなかいないわけでw
乗りっぱなしも多いですし。
 
3日目の行程は以下のようになっています。
イメージ 1

前回記事で、計画を変更して五稜郭へ向かおうとして早めに函館駅を出発したところまで来ています。
すでにダイヤは大きく変更されているのでお気を付けください。

イメージ 2
11時ごろ、隣駅なのですぐに五稜郭駅に到着です。


イメージ 3
五稜郭タワーからの眺めです!!!
函館の午前中はどんよりとした曇り空でしたが、このあたりから快晴に恵まれました!
五稜郭タワーまでは写真では一瞬でしたが実は徒歩40分。ロッカー代もケチってキャリーケースを引きずりながら日差しの中を悪くのは僕には苦行でした。
皆様方には精神衛生上のため、きれいな写真のみお届けしますw

イメージ 4
こんな風に見られます!
太陽の光を受けて大いに葉緑体光合成をしている様子が分かります(違う、そこじゃない

イメージ 5
登ってきたエスカレーターはこんな感じ。

ぐるっと一周撮ってみます。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
函館山が見えますね!

イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
函館港からも見えた豪華客船?が見えました!!

イメージ 13
上からじゃないと、なかなか星形ってわからないですよね。
僕だけかもしれませんが、五稜郭がオクラに見えるときがふとあるんですよね・・・

イメージ 14
展望台はこんな感じ。

イメージ 15
足元に五稜郭が望めます。
見下ろせるようにガラスが傾斜していますね。

イメージ 16
世界の星形の城の一覧。
結構あるんですね。

なんとここで嬉しいことが!!
イメージ 17
なんと、観光客の娘二人を連れた母親が僕に「五稜郭タワー スペシャルミルクソフトクリーム引き換え券」を3枚下さったのです!!!!
「引換券が余っているのであげます。周りの人にもあげてください。」と。
僕がソフトクリームを好きだと知ってたんですか!?
なんとお答えで来たのか、突然のことで「あ、ありがとうございます・・・」としか言えなかったような…。
そのすぐ、周りにいた男性観光客2人(バラバラの一人客だったと思う)に配りました。

僕だったらお腹壊してでも全部自分で食べるんですけどね…。(え

そんな優しいお母さんの娘さんをどちらか一人僕に下さい!!!
偶然この記事をお見かけいたしましたらご連絡お待ちしております。
ありがとうございました!!!!

イメージ 18
格別ですな~~。

イメージ 19
こちらで購入することが出来ます。

イメージ 20
おなじみ、足元がすくむようなガラス板もありましたw

イメージ 21
五稜郭タワーはこんな形をしています。

イメージ 22
イメージ 23
橋を超えて入っていきます。

イメージ 24
イメージ 25
ねずみ返しみたいにでっぱりがありますね。
これは越えにくい・・・。

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28
中には少し見るところがあります。

イメージ 29
イメージ 30
僕はそのまま北へと抜けます。
観光客の大半は南側の五稜郭タワーと中心部に行くだけで、写真のような北側にはほとんどきません。
さて、五稜郭駅に戻ります。

イメージ 31
イメージ 32
五稜郭駅に戻る際に、何やら鉄道系のものがおいてある民家が。
D51 484」??
SLっぽいですが、僕にはよくわかりません。

イメージ 33
五稜郭駅に戻ってきました。
五稜郭に行く際に、五稜郭駅を利用するのはあまりお勧めしません。(知ってた

イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
駅そば屋もある、結構立派な駅です。

イメージ 38
イメージ 39
ホームへ向かいます。

イメージ 40
五稜郭を目指して五稜郭駅に来てしまった人向けの案内ですねw
赤字w

イメージ 41
跨線橋から見た五稜郭駅舎。

イメージ 42
構内は広いです。

イメージ 43
この先で長万部方面と青森方面と別れているんですよね。

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47
函館に向かうキハ40がやってきました。

イメージ 48
イメージ 49
イメージ 50
イメージ 51
特急停車駅なので、ホームが長いです。

イメージ 52

イメージ 53
貨物が通りました。

イメージ 54
余裕をもって五稜郭駅に戻ってしまったので割と暇でしたw

13:20頃、それでは森駅へと向かいます!!!!

イメージ 55
通過の桔梗駅
おしゃれな駅舎ですね。

イメージ 56
こちらは大沼!!
すごいですよ!!
線路すぐ横に大きな沼が!!!
これは感動します。

イメージ 57
イメージ 58
うひょー、さすが北海道。

イメージ 59
大沼駅です。

イメージ 60
調べてみると、先ほどの沼は、「小沼」だそうですw

こちらは大沼公園駅です。
結構な人がj降車しました。
イメージ 61
イメージ 62
すごくアナログ感がある改札でありますw

イメージ 63
イメージ 64

イメージ 65
車窓からは駒ケ岳が!!!

イメージ 66
駒ヶ岳の駅もあります。
山頂まで3時間だそうで。

イメージ 67
なんと、枕木を使ったホームです!

イメージ 68
イメージ 69
駅の名前とは対照的に、田舎駅ですw

イメージ 70
駒ヶ岳から離れていきます。

イメージ 71
14:25頃、森駅に到着、って駅横に海広がってる!!!

イメージ 72
海が近い・・・。

イメージ 73
イメージ 74
カモメがいっぱい止まっていましたw

イメージ 75
イメージ 76
森駅では2時間弱の乗り換え待ちです。
なぜこんな接続の悪い列車に乗ったかといいますと、帰りがはまなすが砂原経由だったからなんですよね。
全線乗りつぶししようと思ったら、接続の悪い駒ヶ岳経由になったわけです。

イメージ 77
イメージ 78
イメージ 79
イメージ 80
イメージ 81
改札へと向かいます。

イメージ 82
線路とカモメと海。

イメージ 83
長万部方向です。

イメージ 84
おお!
これは絶景なり!!!

イメージ 85
いいですね~。
山、海、港、駅、鉄路!!!

イメージ 86
晴れていてよかったです。

イメージ 87
さて、駅の待合室へ向かいます。

イメージ 88
イメージ 89
ここが有名な森駅です。
何で有名かというと・・・?

イメージ 90
イメージ 91
そう!!「いかめし」です!!!
駅のキオスク等で取り扱っています。

全国の駅弁大会等で常連の森駅の「いかめし」ですが、こんな素晴らしい駅だったんですね!!

ちなみに、いかめしを買いに来た観光客とおばちゃんの会話。
観光客    「いかめしを○個ください」
おばちゃん  「はい、○個ね ありがとうね なるべく早く食べてね」
客       「大丈夫です クーラーボックスがあるので!」
おば      「だめ!いかめしはクーラーボックス入れちゃだめ!!!固くなって美味しくなくなっちゃう!!!」

とのことでした。
いかめしは冷やさず、常温で保存して食べましょう。

今回の記事はここまでです。

お次は3日目(後篇)になります。

最後まで読んでいただき、有難うございました!