想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

JR北海道全線2457.7㎞ほぼ鈍行走破旅行 5日目(後篇)全行程約6100㎞11泊12日

2014年8月30日~9月10日までの11泊12日北海道全線ほぼ鈍行旅行です。
「ほぼ」と付いているのは一部区間は特急(特例区間のみ)、急行を利用しているためです。
旅行の参考にしていただけると嬉しいですが、ダイヤも変わっていることでしょうしお気を付けください。

今回の旅行は、いつもの18切符だけではなく、北海道&東日本パスを利用しました。
18切符の5日間+北海道&東日本パスの7日間=12日間 ということです。
使い方は1~4日目:18切符、5~11日目:北&東パス、12日目:18切符という使い方をしています。

※文字の行程は面倒だったら読み飛ばしてくださいw
1日目に岐阜~高山~飯山線新発田(新潟)、2日目に新発田~函館、3日目に函館~(大沼公園経由)~函館本線~札幌、4日目に札幌~新十津川→滝川~上川、5日目に上川~網走~釧路、6日目に釧路~根室~滝川~旭川、7日目に旭川稚内旭川、8日目に旭川新得~夕張~石勝線~南千歳~苫小牧~静内、9日目に静内~様似→札幌~滝川~岩見沢~苫小牧~室蘭~苫小牧、10日目に苫小牧~新千歳空港~小樽~札幌→青森、11日目に札幌→青森~花輪線~盛岡~小山(栃木)、12日目に小山~岐阜という日程で行ってきました。
今回はその1日目(前篇)です。
今旅行は単独旅行となっています。
まぁ、こんな長期間の旅行に一緒に行こうとする友達はなかなかいないわけでw
乗りっぱなしも多いですし。
 
5日目の行程は以下のようになっています。
イメージ 1
すでにダイヤは大きく変更されているのでお気を付けください。

今回の記事は網走駅からの出発です!!!

14:25頃、網走駅を出発。
同一車両での約4時間20分の鈍行旅が始まります。
イメージ 3
オホーツク海がきれいですね~。
2日ぶりの海です。

イメージ 2
イメージ 4
鱒浦駅。
記事を書く際に調べてみたら、この駅舎はすでに解体され、新駅舎が建てられたとのこと。
僕の通過した3か月後の12月に工事が始まったそうです。
雰囲気のある駅舎だったから撮っていたのになくなっちゃったんですね・・・。

14:51頃、北浜駅。
イメージ 5
イメージ 6
降りたい駅だったのですが、釧路湿原駅の展望台に日没前に間に合うワンチャンに賭けて通過です。
乗っている車両が足湯巡り号で珍しかったことも下りなかった理由です。
学生みんな、駅舎は通らず横を素通りw

イメージ 7
この展望台に登ってオホーツク海を一望とかしたかったんですよね。

イメージ 8
降りられなかったので車両の中からオホーツク海を望む。

釧路方向へと進んでいきます。
イメージ 9
海です。

イメージ 10
こちらは進行方向右側のトウフツ湖です。
右手に湖、左手に海と両側を水に挟まれた絶景を進んでいきます。

イメージ 11
イメージ 12
原生花園駅です。
例年、5月から10月までの臨時駅となっています。
今は9月ですので停車。

このあたりでお昼ご飯。
3時も過ぎているのでお腹ペコペコでした。
イメージ 83
イメージ 13
網走駅にて購入の駅弁です。

イメージ 14
海沿いの景色を眺めつつ車両に揺られながらの海鮮駅弁。
最高ですね。

釧網線は海の見える区間はそんなに長くなく、知床斜里の手前あたりから海が見えなくなり、知床斜里駅出発後は山の中へと進んでいきます。

イメージ 15
清里町駅。
割と大きな駅のように感じましたが、無人駅のようです。
清里と聞くと、山梨の清里を思い出します。
まだ、小海線は乗ったことが無いですがw


15:55頃、緑駅に到着。
イメージ 16
こじんまりとした緑のある駅で駅です。

イメージ 17
この駅は列車交換待ちです。

イメージ 18

さっぱりしすぎなくらいの駅舎内w
ほぼ、ベンチ以外に置いてあるものが無いですw
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
現在2014.9.3なので、もうすぐ丸っと2年が経とうとしていますが次のノートはまだ先のようです。
今回、時間の都合上、僕は書いていません。

イメージ 24
イメージ 25
緑駅の反対側のホームのさらに向こう側には昔、更なる線と貨物ホームや多くの側線があったそうですが、草が生い茂っていてわかりません。
この草の生い茂りからこの駅名の緑という・・・(違います

イメージ 26
反対からもやってきました。
あちら側も足湯巡り号。

イメージ 27
御対面です。

16:20頃、川湯温泉駅に到着です。
イメージ 28
足湯巡り号の目玉、足湯のある川湯温泉での停車です!!!

もちろん「足湯巡り号」の乗客の皆さんですから、目的は駅にある足湯!!
ぞろぞろと移動します!!!
イメージ 29




イメージ 30
足湯入ってるの俺だけやん…。

(´・ω・`)

皆さん駅前の車両に乗ってどこかへ行かれました。
また、駅の写真を撮るだけで車両に戻ったり、ずっと車両に乗ったばっかりだったりそれぞれで、足湯に入りません。
足湯巡り号とは何だったのか・・・。

イメージ 31
イメージ 32
実際、いい湯でした。
連日の強行スケジュールの続く僕にとっては最高です。

イメージ 33
雰囲気のある良い駅です。

イメージ 34
そう、この駅はレストランが事務室・貴賓室だった部分に入っているのです。
そこのソフトクリームは結構有名でして、駅とともに良く紹介されるものです。
ソフトクリーム好きの僕にとって、足湯に入ったあとにソフトクリームを楽しめるという大チャンス!

イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
画質が落としてあるので読みにくいですが、足湯巡り号についての駅看板にも、「自慢のソフトクリームを買って列車に乗り込もう!」と書いてあります。

先ほどの、自分しか足湯に入っていなくて少し寂しかった雰囲気を、大好きなソフトクリームで吹っ飛ばしてやりましょう!!!

いざ!!!!!



イメージ 38

(´・ω・`)


イメージ 39
駅舎のホーム側には熊の置物がありました。

イメージ 40
先ほど入っていた足湯の建物。
昔はトイレの建物だったとか。

イメージ 41
確かに足湯巡り号なはずなんだけどな…。

イメージ 42

イメージ 43
奥には車庫が小さく見えますね。

イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
網走方面。

イメージ 47
昔はホームだった?と、留置線。

イメージ 48

イメージ 49
隣駅の美留和駅。
駅舎は車掌車だそうで。

16:53頃、摩周駅に到着。
少し日の光が西日っぽくなっています。
イメージ 50

イメージ 51
イメージ 52
イメージ 53
イメージ 54
こちらも足湯巡り号の停車駅なんですよね。
もちろん今回も入ります。

イメージ 55

イメージ 56
駅前も綺麗に整備されていました。
弟子屈町の中心駅となっていますし、摩周湖の入り口となる駅だからでしょうね。

イメージ 57
おうふ。
人が集中しそうなダイヤですね・・・・。

イメージ 58
イメージ 59
デザインがいい感じですね。

イメージ 60
今回の足湯は一人じゃありませんでした!!
他1名が足湯に参戦。
観光ではなく、ビジネスの帰りに使ったとのこと。
昔は急行があったんだけどねぇとおっしゃってました。

イメージ 61
他にも、車でやってきた地元の夫婦も見えました。

イメージ 62

この時間にはもう閉まっていますw
イメージ 63
イメージ 64
イメージ 65
イメージ 66
イメージ 67
時間は限定ですが、駅員配置駅です。

イメージ 68
イメージ 69
中々大きい駅です。

イメージ 70
イメージ 71
イメージ 72
いや、顔出ししないですよw

イメージ 73
先ほど入っていた足湯。

イメージ 74
跨線橋の中です。
イメージ 75
イメージ 76
後は釧路を目指すだけです。
ワンチャンあれば釧路湿原も見れたら…と思っていましたが、日没前には間に合わず、そのまま釧路駅へ向かいました。

無事、18:45頃に釧路駅に到着です。

イメージ 77
イメージ 78
イメージ 79
夜の釧路のライトアップです。
このカメラ、夜景等にはめっぽい弱いため、ぼやけちゃっていますが、すごいきれいでしたよ!
この場所、化物語の聖地かもといわれている場所ですが、特別記事は書いていません。

釧路駅に戻ってきました。
早く釧路に着いたのはいいものの、漫画喫茶泊の予定だったので、早すぎても料金が高くなるだけで嬉しくないという…w

イメージ 80
イメージ 81
イメージ 82
釧路駅で網走駅の駅弁を食しますw

今回の記事はこれにて以上です。

ようやく5日目が終わりましたね。


お次は6日目になります。

最後まで読んでいただき、有難うございました!