想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

種子島旅行 4日目(中後篇) 行き:飛行機 帰り:鈍行 4泊5日

2015年3月5日~3月9日までの種子島旅行です。 
実際に種子島に滞在したのは3月6日の夜~8日の夕までです。
行きは飛行機、帰りは鹿児島から鈍行で帰るという他にやっている人は少ないであろう行程を取っています。
詳しくは、今後の記事をお楽しみください。
旅行の参考にしていただけると嬉しいですが、ダイヤも変わっていることでしょうしお気を付けください。


細かいよく分からない写真まで紹介していくので、なかなか1つの記事で進みませんw
それではどうぞ!

これからの記事は、種子島をあとにした4,5日目の鹿児島から岐阜までの帰り道の紹介です。
2日かけて帰ってますが、お気になさらずw

それではどうぞ。

14:20頃、南宮崎駅に到着です。
そのまま大分まで抜けていかず、この駅に降り立った理由はそう、
日南線に乗るため!!!!!!ではなく、空港線に乗るためです。
イメージ 1
乗りたかったんですよ・・・、日南線に乗りたかったんですけど、日程的に乗る余裕がなくて宮崎空港に行く時間しか確保できなかったんですよ…。

赤い電車を見ると名鉄を思い出してしまう東海民の性です。
変わったラッピングをされた列車だなーと思いながらパシャリ。
イメージ 2
顔に太陽のマークが書いてある通り、愛称は「サンシャイン」というそうで。

特急車両がやってきました。
来た特急車両は「ひゅうが」。
そう、実は特例により18きっぷだけで宮崎-宮崎空港間を乗れてしまうのです!!!
これは!!乗るしかない!!!!
イメージ 3
って、乗れてないんですけどね。
やってきたひゅうがは、宮崎方面行でしてこれに乗っても空港には行けません。
乗りたかったんですよ・・・、特急車両に乗りたかったんですけど、日程的に乗る余裕がなくて普通列車に乗る時間しか確保できなかったんですよ…。

イメージ 4


14:30頃、空港駅につきました!!
窓からは空港が見えます。
イメージ 5

降りたって最初の印象。
せまっ!!
曲がりなりにも玄関口となる空港の駅が、まさかに1面2線しか無く、ホームの幅がこんなに狭いとは思っていませんでした。
空港に乗り入れる鉄道駅はどこもこんな感じなのですかね…。
イメージ 6

他のとは趣向の違った駅看板となっていました。
イメージ 7

反対ホームには特急「にちりん」の車両が停まっていました。
帰りも普通列車に乗るのでこちらにも乗れません。
残念…。
イメージ 8


イメージ 9
そしてまさかの自動改札無し。
有人改札一つのみだと…。

揃ってパシャリ。
イメージ 10

改札を出ると空港へ階段を下りる構造となっています。
もうちょっと、直結できなかったんですかね・・・?
イメージ 11

駅舎自体はそんなに広くなく、有人窓口もある円を意識したような形でした。
イメージ 12
イメージ 13


折り返し列車はそのまま延岡駅行きとなっているので、宮崎駅等で乗り換えすることなく北上します。
イメージ 14

15:00頃、佐土原駅に到着。
特急待ち合わせの関係で降りてます。
イメージ 15

貨物があったので、この駅は貨物駅なんだーと思っていたら、どうやら貨物駅じゃないみたいでした。
佐土原オフレールステーションというものらしく、奥が深いなぁと思いました。
高架化の影響と、貨物列車の変換が影響しているんですね…。
イメージ 16

またも遭遇、特急「ひゅうが」。
カッコいいんだか、抜けている顔をしているんだかよく分からないです(個人的感想です。
イメージ 17
イメージ 18

15:40頃、次には美々津駅に到着です。
こちらも停車時間中にパシャリ。
イメージ 19
イメージ 20

簡易な待合室のみの駅でした。
僕が行ったときには写真でも見えるように、跨線橋の工事をしていました。
イメージ 21

となりがトトロ駅
イメージ 22

さっきのとなりのトトロ
イメージ 23

となりがトトロ駅
イメージ 24

あの有名なトトロの名前の駅があることを
写真を撮っている電車の中で気付き、びっくりしました。
もっときれいな写真は撮れなかった…。

次に金曜ロードショーでトトロをやるときはこの写真でツイートしますね。

16:15頃、南延岡駅に到着です。
終点は延岡駅ですので、一つ手前ですね。
イメージ 25

赤い新しそうな車両を見つけてびっくり。
てっきり古い車両ばっかりだと思てました…。
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
南延岡駅で驚いたのは留置線等の線路の多さ。
大き過ぎでしょこの駅・・・。

16:25頃、延岡駅へ到着。
イメージ 29

駅のホームの北側は何かの工事をしていました。
イメージ 30

乗ってきた列車は宮崎空港行へと変わっています。
イメージ 31

なんだかどこか懐かしさを感じさせるような駅ですね。
イメージ 32

駅前に出ました。
もうちょっと小さい駅なのかと思っていましたが、想像以上に駅前も栄えていて大きい駅でした。
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35

駅はこんな感じ。
イメージ 36

ここも自動改札はありません。
イメージ 37
イメージ 38

先ほどの駅北側の工事の理由が分かりました。
跨線橋を作っていたそうです。
なるほど・・・。
イメージ 39

たしか、高千穂高原鉄道が昔乗り入れてて、廃線になったんだよな…。と思いだし観光案内所に「駅周辺になごりとかありますか?」と聞いてみたら、「何もないですよ」といわれて撃沈しました。
「改札の場所とかはどこだったんですか?」と聞いたら「確かあそこらへんだったはず」と教えてくださったので移動。
あー地元の方もあんまり使ってなかったから位置よく覚えてないんだろうなぁ・・・。と思いました。
イメージ 40
で、来てみたら何もないし何も見えないという状態。
そう、先ほどの跨線橋の整備場所と被っているのです。
高千穂高原鉄道を復活させる気はさらさらないんだな・・・。

イメージ 41

駅のホームへと戻ります。
イメージ 42

売店と食事処もあり、大きな駅という感じがします。
イメージ 43

でも、自動改札が無いんだよなぁ…。
イメージ 44

反対側ホームに行く跨線橋がありますがとりあえず後回しです。
イメージ 45

反対側の、ホーム北端に来ました。
イメージ 46
さっきはフェンスで見えなかった部分ですね。
高千穂高原鉄道ホームがあったところです。

イメージ 47
2,3番線ホームの工事のためか、線路が踏切部分のようになっています。

イメージ 48
イメージ 49
どこか懐かしさを感じさせるいい駅ですね~。

イメージ 50

2,3番線ホームへと渡ります。
この写真は登って振り返った写真。
いってらっしゃいの文字が。
イメージ 51

延岡駅を上から。
イメージ 52
イメージ 53
イメージ 54
いろんな駅の、跨線橋からの眺めが好きです。

可部には鉄道の画がかかれています。
イメージ 55

2,3番線ホーム。
あまり使われていないのか、偶然なのか、全然人がいませんね。
イメージ 56


渡ったところから改札をパシャリ。
イメージ 57

新しい跨線橋を造っています。
こんなにホームが狭くていいんでしょうかね?
点字ブロック分しかないんですがw
イメージ 58

特急「にちりん」がやってきました。
イメージ 59

先ほどの高千穂鉄道跡を別角度から。
イメージ 60

改札側からはよく見えなかったのですが、ホームが壊されていました。
びっくり。
イメージ 61

踏切まで設置されていました。
イメージ 62

先ほどの工事部分を通り過ぎるとまだまだホームは続きます。
イメージ 63

高千穂高原鉄道側のホームの終わりが来ました。
イメージ 64

2,3番ホームはまだまだ続きます。
めちゃくちゃ長くないですか???絶対使わないでしょ。
イメージ 65
よく分からないところで左方向の分岐があって線路が途切れていました。
これはJRと第3セクターが接続していた名残・・・?

振り返るとこんな感じ。
イメージ 66

3連続延岡。
イメージ 67
昔は高千穂高原鉄道に西延岡があったそうで・・・。

端っこの方まで来ました。
まさかのここで切り欠きホームが。
イメージ 68
昔はこのホームを高千穂線のものとして使っていたのではないかと想像が膨らみます。

ホーム北端から見た先。
イメージ 69
左方向に不自然な用地がありますね。

ズームして見てみます。
イメージ 70
高千穂線の跡地で間違いないでしょうね。
この状態から復活なんてできるのでしょうかね…。

左側は貨物駅ですねー。
非常に大きな駅ですよね。
イメージ 71

戻ってきました。
イメージ 72
1番線ホームに戻ります。

イメージ 73


イメージ 74
正面向いているけど横に走っていく列車が描かれていますね。

戻ってきました。
イメージ 75

乗る列車の佐伯行きがやって来ました。
イメージ 76
閑散路線なので、もっとボロめの車両が来るのかと思っていたのですが、まさかの新しい車両でした。


イメージ 77
しかも、バスみたいな案内表示が側面に出ます。

貴重な佐伯行きなので、両側から撮りました!
イメージ 78

乗った証拠という訳ではないですが、佐伯行の表示が出ている車内を撮りました。
イメージ 79

16:50頃、延岡駅を出発です。


17:10頃、市棚駅に停車です。
ここは県境駅となっています。
市棚駅宗太郎駅が宮崎と大分の間の駅となります
イメージ 80


今回の記事はこれで以上です。

もう夕方ですが、まだまだ4日目の記事は続きます!!!

それでは!!!!