想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

種子島旅行 5日目(前篇) 行き:飛行機 帰り:鈍行 4泊5日

2015年3月5日~3月9日までの種子島旅行です。 
実際に種子島に滞在したのは3月6日の夜~8日の夕までです。
行きは飛行機、帰りは鹿児島から鈍行で帰るという他にやっている人は少ないであろう行程を取っています。
詳しくは、今後の記事をお楽しみください。
旅行の参考にしていただけると嬉しいですが、ダイヤも変わっていることでしょうしお気を付けください。


細かいよく分からない写真まで紹介していくので、なかなか1つの記事で進みませんw
それではどうぞ!

これからの記事は、最終日5日目。
鹿児島から小倉まで来たので、小倉から岐阜までの帰り道の紹介です。

それではどうぞ。

朝5時半頃の小倉駅
小雨が降っています。
イメージ 26
左手に見えているのはモノレールですね。

イメージ 27
次の日の朝に撮る時間があるだろうからと撮っていなかった小倉駅

イメージ 28
なんだか神秘的な気もします。

イメージ 29

モノレールの改札はまだ閉まっていました。
イメージ 30

JRの改札は開いているので、入っていきます。
イメージ 31

5:45発下関行きの列車に乗ります。
イメージ 32

イメージ 33


イメージ 34
アナログな行先表示ですね。

イメージ 35
6時台から特急が走ってるのには少し驚きました。

イメージ 36
少し時間があったので撮影。

イメージ 37

イメージ 38

ここで朝食にありつきます。
朝からとてもがっつり系。
イメージ 39

イメージ 1
これは駅弁ではなく、大分駅の乗り換えの際に駅隣接のアミュプラザ大分のお店で買いました。
結構値の張るお弁当が、閉店間近ということで安くなっているところを買ったのですが、これがまためちゃくちゃ旨い。
朝で半分寝ぼけていたのですが、旨さに目が冴えました。
これめっちゃうまいですよ。
また大分に行ったときに食べたいですね(高いから定価で買う気になるかは不明)。

6:40頃、小野田駅に到着。
イメージ 2
下関駅で乗り換えをしているのですが、1分乗り換えだったので写真は無しです。
この1分乗り換え、時刻表とジョルダンでは連絡しているのですが、なぜかYahoo乗り換え案内では乗り換え不可だったため超不安でしたが出来ました。

ここで宇部新川行に乗り換えです。
イメージ 3
この小野田駅で乗り換えをするというだけで、勘のいい方はこれからブログ主がどこに行くのかは分かるでしょう。

イメージ 4
小野田駅は2分乗り換え。

7時頃、雀田駅に到着。乗り換えです。
イメージ 5
目の前にいる電車に乗り換えです。


イメージ 6
ここも2分乗り換えで短かったため、雀田駅の撮影はできませんでした。
しかもあいにくの小雨。
枕崎線の時の快晴は何だったんでしょうね…。

種子島も雨だし、攻略難易度の高い長門本山駅も雨で、なんだかなーという感じです。

イメージ 7
もう行ける機会が分からないですね。

イメージ 8

運賃表。
イメージ 9
長門本山駅到着直前ですね。

ご覧ください。
先ほど長門本山駅は難易度が高いといいましたが、これが理由です。
イメージ 10
朝2本、夕1本。

乗ってきた車両が7:10発になります。
イメージ 11

割りとびっくりしたのが、利用者がそこそこいたこと。
イメージ 12
てっきり全然使われていないのかと思ったのですが10人程度は利用者がいました。
ほぼ高校生でした。
しかも女子生徒ばかりだったような…。

折り返しの時間があるので、長門本山駅をパシャパシャ。
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19


あ…、1日3本しかないのに乗り遅れてしまった…。
次の発車はいつだよ…。
イメージ 20


イメージ 21
あぁ・・・。

ちなみに次の発車は28分後です。

イメージ 22

イメージ 23
終点が海に面しているのでその先に何かあったのかなー見てみましたが、港も何もありませんでした。

ずっとパシャパシャ撮ってます。
小雨は無視。
イメージ 24

イメージ 25
イメージ 40

昔あった駅舎はこの駅前のスペースにあったんでしょうかね。
イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

イメージ 49

駅前に観光マップがあったので、それを見る。
イメージ 50
本山炭鉱の坑口跡が面白そうだったが、時間的に厳しそうだったので断念。
ビーチに行ってみることに。

イメージ 51
駅と海との間の土地は宇部興産の土地なんですね。
この駅、最初は炭鉱の貨物線だと思っていたのですが違うんですよね?

ビーチ、晴れてれば結構綺麗なんだろうな…。
イメージ 52

イメージ 53

イメージ 54

特に収穫もなくUターン。
駅に戻ってくると、お帰りという雰囲気で列車が待っていました。
イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58
これにて長門本山駅ともお別れです。
このまま居能駅に向かいます。

8時頃、居能駅に到着。
乗り換え時間は短かったですが、またいつ来れるか分からないので撮影。
イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61
立派な駅舎があるのに無人でした。

イメージ 62

イメージ 63

イメージ 64
居能駅の乗り換えでは、宇部行きに乗ります。

時間は8時頃と通学の時間帯だったため、高校生がたくさんいました。

今回の記事はこれにて以上です。
次の記事が最終記事になります。
もう記事になるようなところもほとんどなく、岐阜に戻るのみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
それでは。