想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

映画「聲の形」の聖地巡礼(ロングPV)

今回紹介するのは、映画「聲の形」のロングPVの聖地巡礼です。

基本はコミックスの場所に準じているようですが、カット割りは完全にコミックスとは違います。

ほぼ、前に書いている本予告と被っている気がしないでもないですが…

在庫写真での急きょ記事で申し訳ありませんが、それではどうぞ。

イメージ 1
本予告より再登場。
興文小学校の中の遊具がモデルになっているっぽいです。
学校敷地内はもちろん立ち入り厳禁。
周辺も、生徒がいるような平日には近づかないことが望ましいです。

イメージ 2イメージ 40
イメージ 43
こちらも本予告より再登場。
桜の季節に撮っていたものと、撮り直したものです。

イメージ 47イメージ 41
ここも本予告からの再登場。
西日の差し始める時間に行ったら、まさかの日よけが発動していたため、そのままには撮れませんでした。
原作でも確かにここは登場してきましたが、西宮と石田、植野の3人が揃う直前で、揃ったのは花屋の前でした。
ここでも微妙なアレンジが入ってきています。

イメージ 3
こちらは初登場。
持ち合わせ無しです。
コミックスでも出ていないですね。

イメージ 4
こちらも初登場。
上記と同じ小学校がモデルと思われます。

イメージ 5イメージ 6
実は、あまりここの橋の写真は在庫をもっていないので該当写真無し。

イメージ 7イメージ 45
2巻裏表紙用の写真を持ってきました。


イメージ 8イメージ 36
撮っていたもので紹介。
一番左のものは磁気定期券[継続]用の機械となっています。
イメージ 48
写真一番左から3つですね。
撮影当時は右から3台目は「調整中」でした。

この券売機は原作でも登場していました。

イメージ 9イメージ 35
一番左の柱の間から見たのが正解です。
確かにドトールコーヒーはそこにあります。

イメージ 10
美登鯉橋の下部分ですね。
これと全く同じカットはコミックスにはなかったはずです。

イメージ 11イメージ 12
イメージ 13
これらも初登場の、撮影写真は無しです。
やはりアニメとコミックスでは切取り方が違ってきますね。
場所は皆さんご存知ですよね。

イメージ 14イメージ 33
こちらも初登場。
奥の焼鳥屋と子供の銅像が一致していますね。
銅像の場所がてんで違いますがw

ここからは少しの間本予告での既出が続きます。
イメージ 15イメージ 29
イメージ 30
コミックスと同じ場所といえば同じ場所なのですが、微妙に「月」の位置が変わっていますね。
映画版では橋の上になっています。
コミックス版では橋の袂から手前方向でした。
また、橋の奥に見える風景が右下の写真との差し替えになっています。

イメージ 16イメージ 31
合わせが甘いやつ。

イメージ 17イメージ 34
後ろの建物も一致しました。
この立ち位置はコミックスでは西宮さんだったんですけどね。

イメージ 18
イメージ 28
JRになります。
313系車内です。
イメージ 19イメージ 27

イメージ 20イメージ 38
同じカットがありそうですが、原作巡礼で少し前にナガシマに行ってしまっているので回収はいつになることやら…。

ここから新規カットが続きます。
イメージ 21イメージ 37
ナガシマスパーランドのホワイトサイクロンですね。
車両もほぼ一致しています。

イメージ 22イメージ 39
何に合わせて書かれたのでしょうかね・・・。

いか全て初登場です。
イメージ 23イメージ 44
歩道真ん中では無かったりだいぶアングルは違いますが、雰囲気は分かっていただけるかと思います。
左奥にチーズケーキプリンセスという店があるのが一致していますね。

イメージ 24イメージ 46
橋は在庫写真が無いので別ので取りあえずカバー。
こんなのしかないです。

イメージ 25イメージ 42
距離感はだいぶ違うかもしれないです。
走っているヶ所、方向は原作通りです。

イメージ 26イメージ 32
JR岐阜駅のエスカレーターかと思い撮影してきました。
間違っていたらすみません。
帯状の色違いは理由が分かりませんでした。別の場所なのかも…。

今回の記事での紹介は以上です。