想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

4泊5日四国特急旅行 1日目後篇

今回の旅の舞台は再び四国!!!!

旅行日程は2015年3月11日~3月15日です。
今回の旅行の記事化にも1年以上かかっています(笑)
題の特急旅行についてですが、四国の往復には18切符を使っておりますのでご了承くださいw

この記事は四国旅行記事第2弾の1日目後篇になります。
1日目に岐阜~徳島、2日目に徳島~高知~愛媛、3日目に愛媛~徳島、4日目に徳島~高知~徳島、5日目に徳島~岐阜という日程で行ってきました。
割と縦横無尽に動き回っている感じですね。
今回は、いつもならしっかり建てている事前計画は無く、急遽行ってきたものになるので行程が一部不明確な部分があります。ご了承ください。
移動しながら行程を考えていたもので・・・。

2013年12月25日~27日に訪れた以来の四国になります。

前回の記事までで、阿佐海岸鉄道の終点 甲浦駅まで来ています。

それではどうぞ。

甲浦駅からの折り返し列車の中です。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
乗客が一人もいなかったので、貴重な体験かと思いパシャパシャと撮影。
よくあるのかもしれませんが…。

イメージ 4
宍喰駅に到着。
ここにはエレベーターが付いています。

イメージ 5

18時半頃、乗り換えの海部駅に到着しました。
イメージ 6

ここまでの間に、乗客は少し増えています。
イメージ 7

きれいだなぁと思って撮った車窓。
イメージ 8
夕暮れの太陽の明りが水田に反射していました。

ここで、徳島駅にて調達した弁当にありつきます。
よく見ると駅弁では無い・・・?かもですが、気にせず食べます。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
鳥ご飯で1000円程度というのは少し高い気もしますが、地鶏だからこんなものでしょうか。
味ごはん(個人的に好きでプラスポイント)となっているので、終始美味しくいただけます。
ゴボウのきんぴらは、駅弁には珍しい気もしますね。

19時45分頃、乗り換えの阿南駅に到着。
乗り換え時間に空きがあるので、ブラブラしてきます。
イメージ 13
イメージ 14

さすがは青色発光ダイオードで有名な阿南。
まちおこしもLEDでやっているんですね。
イメージ 15

イメージ 16

駅舎としてあまり大きいものではありませんでしたが、屋根がカーブを描いていたりしていて、自治体が結構お金を出した駅なのかなぁと思いました。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20

タクシー乗り場もイルミネーションになっています。
イメージ 21

外観はこんな感じです。
イメージ 22

駅前は、市街地の中心ではあるけど・・・栄えているのか・・・?という程度。
もしかしたら反対側がメインだったのかもしれませんが。
イメージ 23

一段と光り輝く場所を発見。
その光に虫のようにひかれていったのですが、観光案内所でした。
イメージ 24
現在は19時50分。
閉まるのは20時と書いてあったので、入って展示を見ることにしました。

しかし、5分も見ていないくらいで、観光案内所の人に、もう閉めますので出ていってください。とぶっきらぼうに言われ外に出ることに。

観光案内所で、若造の通過の観光客とはいえそんなに冷たく接していいものなのか・・・。
早く帰りたいのは分かるけども、営業時間内に追い出さなくともねぇ。

ということで、阿南に対していいイメージはありません。


駅前の場所には、床にLEDが埋め込んでるところがあり、チカチカしていました。
イメージ 25
イメージ 26
肉眼では結構綺麗なのですが、カメラではなかなかそうは撮れませんw

特急の待ちだったんですよね。
イメージ 27
イメージ 28

阿南駅の発車時刻表があったので、撮影しました。
牟岐方面は、1時間に一本ないんですよね・・・。
旅行行程も組みこむのに少し苦労しました。
イメージ 29
イメージ 30

イメージ 31
この列車に乗って、徳島駅を目指します。

この後、徳島駅まで行ったのちに、高徳線に乗り換えて阿波池田駅まで行っているのですが、なぜか全く写真を撮っていないので見せられるがありません。
三者からすると、徳島線に乗ったかどうかが怪しく見えますね。

ということで、写真はありませんが阿波池田駅まではこの後移動しています!

今回の記事はこれで以上です。