想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

君の名は。の聖地巡礼(中川精肉店:佐原市〈蜷川家具店〉)

今回紹介するのは、糸守町の街並みの中に出てきた「中川精肉店」のモデルです。
とはいっても、どの建物か分からないと思いますので、
キャプチャを見て思い出してもらえればと思います。

それではどうぞ。
イメージ 7イメージ 1
三葉とてっしー、さやちんが一緒に登校している時のシーンに出てきた建物になります。
作品内では「中川精肉店」として登場し、モデルとなったのは千葉県佐原市にある「蜷川家具店」です。
「蜷川」と書いて「にながわ」と読みます。カワニナのニナですね。
まさかと言っては失礼ですが、この家具店は営業中でした。
紹介看板によると、大正10年(1921)築で、木造切妻妻入り建造物の全面を、モルタルの洗い出し仕上げを行なった「看板建築」となっています。
看板建築というと、昔は栄えた街にあるというイメージですね。

後半の町内放送の際に夜のシーンでも出てきました。
イメージ 6

イメージ 3イメージ 4
公式の情報では出ていないのですが、ここまでそっくりであれば間違いないでしょう。
細かい装飾もとてもよく似ています。

イメージ 3イメージ 2
正面が似ているのは先ほど紹介しました通りですが、横もよく似ています。
赤枠の中の少し高い位置に同じような小窓がありますし、換気扇の位置も同じ位置にあります。
ただ、実施には木造部分の奥行きがもっとあるのですが、君の名は。では短くなっていますね。
君の名は。で使われているのは、赤枠部分までになっています。

参考にもっと横から取ったのも貼っておきます。
イメージ 5

今回はこれで以上です。