想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

思い出のマーニーの聖地巡礼(江差駅)

金曜ロードショー見てたら思い出のマーニーで出てくる駅、江差駅やん」(2014年7月18日)とつぶやいてから、4年の月日が経ってしまいましたが、ようやく記事化です。

思い出のマーニーは、「江差駅やん」とつぶやいた翌日の2014年7月19日に公開となっており、当時の資料としてはまだ、予告編でしか確かめることしかできませんでした。
また、モデルとなっていると思われる江差駅も、2014年5月12日に松前線の廃線に伴ってすでに廃駅となっており、予告編公開後には駅舎内部などには入れないようになってしまっていました。
今回の記事は、聖地巡礼とは書いているものの、廃線前の2014年3月に訪問した際の写真を使っての紹介という形になります。

それではどうぞ。
イメージ 1イメージ 8
柱は、映画の方が立派なものになっていますが、駅舎は映画と同じように腰より低い部分にタイルを張り付けてあり、よく似ています。

イメージ 15
車両自体は、舞台通りの花咲線で走っているものがモデルとなっているようです。(根室駅で撮影)




イメージ 2
残念ながら、この場所から写真は撮っていませんでした。
映画内では、奥にもう一つホームがあったり、左方向へ列車が走り去っていったりしていましたが、実際の江差駅は片面一線のホームしかない終点となっており、下の写真のようになっているため、走り去ったりすることはありませんでした。
イメージ 9

イメージ 3イメージ 5
こちらも全く同じようには写真を撮っていませんでした。
イメージ 14イメージ 12
窓口の形や待合室の緑の椅子、床のタイル張り等、似ている点が数多くある。
訪問者が多く、駅舎内の撮影枚数を少なめにしていたことが残念である。

イメージ 4イメージ 13
こちらもよく似ている点が多くあるが、同じところからの写真は撮っていない。

イメージ 6
映画内のポスターからは、ノロッコ号や落石の文字が読むことが出来、駅の場所は道東にあることとしていることが分かる。


イメージ 7
イメージ 10イメージ 11
駅舎は屋根に三角屋根が追加されているようだが、よく似ているように思われる。

今回の記事はこれで以上です。
それでは。