想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

未確認で進行形の聖地巡礼(只見線〈会津若松駅・会津川口駅と周辺〉)

今回の記事は、未確認で進行形聖地巡礼です。
紹介する場所としては、只見線会津若松駅会津川口駅の周辺です。
他にも、只見線沿線の風景が出てきたりしているのですが、回れたところのみ紹介します。

全て12話より
イメージ 1イメージ 15
会津若松駅跨線橋から撮れます。
この写真は2016年に撮影したものです。

イメージ 2イメージ 12
イメージ 25
こちらも会津若松駅
順番に2016年、2018年の撮影です。
アニメと同じように、赤べこの絵が描かれた車両が走っています。


イメージ 3イメージ 13
イメージ 24
こちらも会津若松駅
順番に2016年、2018年の撮影です。
現地では気付かなかったのですが、車いす用のリフトが新しいものに替えられていました。

イメージ 4イメージ 14
イメージ 23

こちらも会津若松駅

順番に2016年、2018年の撮影です。
こちらは全然変わっていませんね。

イメージ 5イメージ 22
只見線の車両内です。
余り鉄道に詳しくないのですが、これで合っているとは思います。
ただ、座席についている印象的な取っ手?手すり?がありませんね。


イメージ 6イメージ 21
こちらは会津川口駅です。
車両の色が変えられていますが、よく似ていますね。

イメージ 7イメージ 20
会津バスの中です。
他のお客さんがいたので、アニメのようには撮れませんでした。
色が違ったので、車内はモデルではないのかなと思っていたのですが、モデルのようですね。
非常に古い車両でした。


イメージ 8イメージ 19
合津バスの山上バス停です。
モデルは会津バスの川上バス停で間違いないでしょう。
アレンジは多いものの、よく似ています。

イメージ 9イメージ 16
川上バス停からすぐの道の角を曲がった先、すぐにあります。
この場所へは、会津川口駅から徒歩で1時間5分かかりました。
GoogleMAPでは、会津川口駅からこの場所まで1時間36分と表示されます。
相当な早歩きでも1時間かかるので、訪問はなかなか困難です。


イメージ 10イメージ 17
窓ガラスが割れているのもそのままですね。

イメージ 11イメージ 18

この風景を見るために1時間以上歩いたんです!!
歩いた甲斐がありました!!
先ほどの川上バス停があるので、バスで来ればいいといいという考えもありますが、片方向1日3便しか出ていないので、只見線とバスのみでここを訪れるのは非常に難しいです。

ですので、駅の中にあるレンタサイクルをお勧めしておきます。
ちなみに僕は、そのレンタサイクルを借りるつもりでしたが、数が多くなく、レンタサイクルがすべて貸し出されてしまったため、行きを徒歩、帰りをバスとしました。
バスだと10分程度で着いてしまいます。
駅からの行きは、登りになりますので、なるべく避けられた方がよいかと思います。

今回の記事はこれで以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。