想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

冴えない彼女の育てかたの聖地巡礼(のぞき坂~面影橋)

今回聖地を紹介する作品は冴えない彼女の育てかたです。

この作品の聖地巡礼記事は初めてですね。

 

完全に準備が足らずに撮影を行ってきましたので、撮影カットも少なめです。

また、巡礼出来た際には追加していきたいと思います。

 

通常であれば、各地点ごとに記事を作るのですが、先ほどの通り撮影数が少ないので、一記事にまとめています。

 

以下9枚、第1話より

f:id:fujisyuu01:20191005163441j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163405j:plain

作品の中でも印象的な坂。

この作品が好きな聖地巡礼者は、誰もがここに来たくなるような場所かと思います。

 

f:id:fujisyuu01:20191005163444j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163437j:plain

なぜか撮ってる細かいカット。

注目するべきは、むn、じゃなくて、細かいカットでも一致している建物のタイルサイズとかですね。

 

f:id:fujisyuu01:20191005163449j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163433j:plain

なぜか撮っている細かいカット。

ここは細かいところにアレンジが多く入っているようですね。

 

f:id:fujisyuu01:20191005163453j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163426j:plain

坂を下りきる直前にあるマンション。

よく似ていますね。

 

f:id:fujisyuu01:20191005163457j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163408j:plain

もっと合わせて撮れそうな気がするので、次回も撮ってこようと思います。

いつになるかはわかりませんが。

 

先ほどのマンションのほんのもうちょっと少し下ったところ。

f:id:fujisyuu01:20191005163501j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163429j:plain

そっくりですが、完全一致というわけではありませんね。

 

曙橋というところ。

のぞき坂を下って行って少し入り組んだ道を進んでいった先にあります。

f:id:fujisyuu01:20191005163505j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163346j:plain

 

f:id:fujisyuu01:20191005163510j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163350j:plain

 

f:id:fujisyuu01:20191005163513j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163353j:plain

 

 それぞれ分けてとってみました。

ビルの形もよく一致しています。

 

f:id:fujisyuu01:20191005163518j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163422j:plain

このカットは自分のTwitterでもよく見かけたように思います。

坂の下からだいぶ望遠をかけて撮ることになります。

出来れば、日が当たっている時間帯に撮りたいですね。

 

f:id:fujisyuu01:20191005163523j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163357j:plain

何度も出てくるマンションの前。

カットは全然違います。

 

f:id:fujisyuu01:20191005163528j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163401j:plain

坂の途中の個人宅。

良いところにお住みですね(素直に

 

f:id:fujisyuu01:20191005163533j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163418j:plain

 面影橋駅になります。

電車が走っているタイミングは合わしてはいませんが、よく撮れていると思います。

 

f:id:fujisyuu01:20191005163536j:plainf:id:fujisyuu01:20191005163413j:plain

夏に訪問したのもあって、雑草が増えてしまっていました。

冬に撮りに行くべきかもしれません。

 

今回の記事はこれで以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。