想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

CLANNADの聖地巡礼(新青梅街道沿いの国有地)

今回の記事からは、CLANNADの聖地を紹介していきます。

CLANNAD聖地巡礼は2年ぶりで鬼子母神以来となり、

AFTERSTORYも含めると半年ぶりで八幡市木津川以来、

今回から紹介していく箱根ヶ崎駅周辺の聖地巡礼は7年ぶりになります。

7年前の2012年夏は、基本的に箱根ヶ崎駅のある八高線の東側をメインに回っており、西側が手つかずのままでしたので、今回ようやく回ってこられた次第です。

聖地巡礼を始めたのが2011年の夏で、その1年後の2012年の夏に箱根ヶ崎聖地巡礼していることになるので、聖地巡礼を始めた初期から巡礼したいという想いはあるものの、塩漬けになっていたという案件なのです。

7年ぶりの巡礼ということで、当時の聖地巡礼記事を振り返ってみたのですが、比較撮影技術の低さに驚かされます。

八高線の東側の撮り直しリベンジも出来ればしたいですね。

前置きが長くなりすぎましたね。

それではどうぞ。

 

第8話より

f:id:fujisyuu01:20191018213748j:plainf:id:fujisyuu01:20191018213752j:plain

現地に着いた時に感動。

というか、CLANNADだと、どこの聖地でも感動している気もしますがw

放送から10年以上ここは空き地であり続けた上に、向こう側に見える家も大きな変更がないようでした。

 

f:id:fujisyuu01:20191018213756j:plain

 東京防衛局が持っている国有地みたいですね。

だから空き地が守られてきたのかもしれません。

 

今回の記事はこれで以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。