想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

8月のゴーストの聖地巡礼(旭町商店街)

「8月のゴースト」というコミックスの聖地を紹介します。

公式の紹介でも「種子島を舞台に 過去と今が交錯する 眩しく切ない青春ラブストーリー!! 」とあり、種子島の風景が多く登場してきます。

また、中種子町作成のpdf観光地図「なかまっぷ」にも名前が出てきますし、こちらも中種子町作成の「聖地巡礼マップ|鹿児島県中種子町」にも4か所ほどの登録がされている状況です。

が、しかし、あまりにも情報が薄い。もったいない。

ということで、種子島大好きの当ブログで取り上げたいと思います。

 

今回はお祭りの様子の一部が紹介するカットになります。

それではどうぞ。

f:id:fujisyuu01:20200213010520j:plainf:id:fujisyuu01:20200213010515j:plain

旭町商店街の名前の入ったアーチ看板。

地元の方だと一目で場所が分かりそうですが、僕みたいなよそ者は、旭町商店街が実在するかどうかを確認するところから始まります。

野間小金管バンドがモデル?かなと思ってます。

 

f:id:fujisyuu01:20200213011752j:plainf:id:fujisyuu01:20200213011748j:plain

鹿児島銀行の前です。

今は看板が、市丸タクシーに変わっていますが、元々は鹿児島銀行でした。

今はATMコーナーのみを残して、市丸タクシーの営業所になっているようです。

 

この祭りのモデルは、8月上旬に行われている「よいらーいき祭り」と思われます。

作中の中では、ロケット打上げが8月20日、直人はその一週間前に来てしまっているとのことだったので、お祭りの開催が8月中旬になっていると思われます。

作品に合わせて開催時期をずらしているのでしょう。

実際に漫画で描かれているように、火縄銃鉄砲隊試射、野間小金管バンド(がモデル?)、タヒチアンダンス、みこしをやっているようです。

 

今回の記事はこれで以上です。

 

 

このコミックスは1巻のみで、冒頭は試し読みができますので、興味を持たれた方はぜひどうぞ。

8月のゴースト 小学館