想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

アマガミSSの聖地巡礼(君ヶ浜しおさい公園:七咲神殿)

今回は、アマガミ聖地巡礼で、棚町篇と七咲篇で出てきた君ヶ浜しおさい公園を紹介します。

自分のこの場所のイメージとしては、七咲のイメージが強いところになります。
 
それではどうぞ。
 
 
以下9枚、7話より
f:id:fujisyuu01:20200419105557j:plainf:id:fujisyuu01:20200419105949j:plain

逆光になってしまっていてあれですが、見えているのは犬吠埼で、その上に立っているのは犬吠埼灯台になります。

アニメでは夕方のような描写ですが、岬は東側に延びており、再現をしようと思うと日の出直後になると思います。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105602j:plainf:id:fujisyuu01:20200419105953j:plain

棚町さんが一人でたたずんでいた海岸です。

この海岸が君ヶ浜で、君ヶ浜がある場所の公園を、君ヶ浜しおさい公園と言います。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105631j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120049j:plain

一つ上の画像から、棚町さんがたたたずんでいる場所を確定。

その場所で撮影しました。

実際には、アニメのように細かい段ではなく、もっと大雑把な段になっていました。

一つ上の画像の時点でも、足元の段は大雑把なものから細かいものに変更されているのが分かります。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105635j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120059j:plain

砂浜のカットは実際とそっくりでしたが、これらの棚町さんのカットでは、実在の風景は意識されてはいないようです。

ちなみに、奥に見えているのが、のちに紹介する「七咲神殿」です。(勝手に自分で命名

 

f:id:fujisyuu01:20200419105642j:plainf:id:fujisyuu01:20200419121046j:plain  

公園への入り口部分になります。

奥の方は全く合っていませんが、柵や車止めブロック等は現地を参考にしているように見えます。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105646j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120055j:plain

入れ違いで主人公が登場。

海岸沿いの段のところから合わせて撮影。

位置関係は合いません。

 

小学生二人組から情報を仕入れて、再び君ヶ浜へ。

f:id:fujisyuu01:20200419105651j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120507j:plain

比較しての撮影を忘れていたのですが、撮ってあったので比較。

なんとなくあっている程度ですね。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105656j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120106j:plain

君ヶ浜から犬吠埼を望みます。

ただ、棚町はもうここにはいません。

名前もアマガミ向きの海岸ですね。(なにが

 

f:id:fujisyuu01:20200419105700j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120149j:plain

誰もいない浜辺にたたずむ主人公。

この後に、駅前で森島先輩と響先輩の会話から、棚町がバイト先にいたことを知ります。

 

8話より

f:id:fujisyuu01:20200419105706j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120154j:plain

 棚町篇のエンドである8話の最後、EDの前に出てきます。

7話ではそれぞれ一人で過ごした君ヶ浜でしたが、最後に二人で歩くことが出来ます。

棚町「ねぇ、あたしたちの関係も一歩進んだことだし、もっと楽しいことが、いっぱい待ってるよね」

 

ブログ主が一番好きなヒロインはこの後の七咲なのですが、一番好きなストーリーは、棚町篇でした。

ですので、この君ヶ浜はたまらない聖地巡礼になりました。

 

ここからは、七咲篇です。

以下28枚、14話より 

f:id:fujisyuu01:20200419105710j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120239j:plain

七咲の部活が終わった後に、一緒に来た場所です。

ここは君ヶ浜しおさい公園にある男女シャワー室(有料)併設休憩所になります。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105716j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120246j:plain

このようにステージのようになっている部分があり、その風貌から、僕はここを「七咲神殿」と呼ぶことにしました。

この施設、七咲篇にしか出てこないんですよね。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105720j:plainf:id:fujisyuu01:20200419122416j:plain 

七咲の弟について話をしていました。

結構一致はしているのですが、神殿の柱の太さ等は一致しないことが多いです。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105724j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120321j:plain

犬吠埼灯台

よく再現されています。

先ほども少し書きましたが、色合いを再現するのであれば、日の出になります。アニメの中では夕焼けでしたが。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105729j:plainf:id:fujisyuu01:20200419122416j:plain

再び同じカット。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105734j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120330j:plain

 七咲神殿を正面から。

一部照明器具が老朽化の為か、取り外されていました。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105738j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120333j:plain

神殿の柱の太さ等、アレンジはやはりありますが、おおむね一致します。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105742j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120337j:plain

七咲が取り出してきたイナゴマスクの変身ベルト。

七咲はこんなものを持ち歩いていたのか・・・。

右側の柵も、地味に一致しています。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105747j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120345j:plainf:id:fujisyuu01:20200419105747j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120341j:plain

階段等全体的に合わせるか、神殿の柱の見え方で合わせた方がいいのか。

紹介する時も悩んだので、両方とも写真を紹介しておきます。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105752j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120349j:plain

背景のタイルのみを撮影。

なるべくタテの枚数も合わせて撮りました。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105758j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120353j:plain

七咲の荷物を置いてあるところ。

七咲神殿の舞台の床部分は、違うブロックとして描かれています。

作画手間を減らすためですかね。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105802j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120358j:plain

舞台上では、石で作ってあるテーブルといすが置いてあります。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105806j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120401j:plain

これらもきっちり一致してきます。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105811j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120405j:plain

外された照明器具。

あとが残っているので分かりやすいですね。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105816j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120330j:plain

七咲のイナゴマスク返信シーン。

一回教わるだけでできるようになるなんて、呑み込みが早いっす。  

f:id:fujisyuu01:20200419105821j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120405j:plain

 

f:id:fujisyuu01:20200419105825j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120405j:plain

神殿での、七咲の舞。(違う

 

f:id:fujisyuu01:20200419105829j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120409j:plain

必殺技を指示!

「ホップ!ステップ!ジャンプ!イナァゴスパァク!」

 

f:id:fujisyuu01:20200419105834j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120412j:plain

で、ジャンプキックをする為に階段の上からジャンプ!

で、何って言ってるのか聴き取れんですw

「マスクなんちゃらキック!!」(なんちゃらの部分が分かんない

 

f:id:fujisyuu01:20200419105839j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120418j:plain

「最近のおもちゃはすごいですね」

たしかに?

神殿の柱がえらく太く描かれています。

 

このあと、子供たちが駆け寄ってきて、変身を見たいとねだられます。

f:id:fujisyuu01:20200419105849j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120426j:plain

戸惑ってる七咲、可愛い。

こんなシーンでも、やはりは神殿の柱は合いません。

 

そして、またしても神殿で変身することに。

f:id:fujisyuu01:20200419105903j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120430j:plain

 

f:id:fujisyuu01:20200419105909j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120435j:plain  

完全に変身を自分のものにしてやがる・・・。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105914j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120448j:plain

あんまり一致するとこを見つけられなかったので、適当に。

イメージで描かれた背景なんじゃないですかね。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105918j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120439j:plain

 

f:id:fujisyuu01:20200419105922j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120439j:plain

何度目かの犬吠埼

通信塔?の右側にある施設などの建物は、無いものとして扱われています。

 

f:id:fujisyuu01:20200419105944j:plainf:id:fujisyuu01:20200419120443j:plain

最後の比較カット。
やっぱりこのカットは実際の風景とは合わないですね。

  

あとは、神殿内部の施設(休憩所)の紹介をしておきます。

写真にあるように、多くのベンチで休めるようになっており、自動販売機も設置。

窓からは君ヶ浜が見えます。

f:id:fujisyuu01:20200419120452j:plain

f:id:fujisyuu01:20200419120457j:plain

f:id:fujisyuu01:20200419120501j:plain

で、廊下へ進むとシャワー室がありました。

トイレはこの先を進んで外に出るとあります。

トイレが外にあるのは、砂だらけのままで中に入ってこないようにするためでしょうね。
 

久々に比較カットの量の大きい巡礼記事になりました。

今回の記事はこれで以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。