想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

か、可愛すぎる。

すごい久しぶりの日記になりました。
1日、パソコン1時間の制限ができてから、なかなか更新できなくて。
 
その間に僕は、東京マグニチュード8.0とアマガミSSと迷い猫オーバーランを見ました(この順番)。
僕は、アニメの話が好きになってハマるというよりも、キャラにハマるタイプでして、今回は迷い猫の芹沢文乃というキャラにハマってしまいました。
 
このキャラの声をやっている伊藤かな恵さんの声が元々好きで(超電磁砲のとき出会いました)、見る前から期待をしていたんですが、その期待を大きく超えてくださいました。
 
感想。
なんだこの破壊力は。
かな恵さんの声にツンデレがプラスされるとさらにすごいじゃないか。
僕は必ずしもツンデレが好きというわけでわないのだが、好きになりやすいという傾向がある。
そう理由もあってか、見終わった今でも少し心臓が落ち着きを取り戻していない。
ヤバイ。
ヒロインが3人いるようだったが、僕の目には一人しか映っていなかった。
他のキャラが嫌いというわけではない。
ただ、そのキャラの破壊力がすごかっただけなのだ。
僕は芹沢文乃にこの言葉を伝えたい。
「君のためなら二度死ねる。」
 
この感想を客観的に見ての感想。
自分よ、もう少し落ち着きを取り戻せ。
 
ちなみにこの迷い猫に、とても地味ながら上条当麻役の阿部敦さんも出てたんですよね。
ぼくはクレジット見る前に声でちゃんと気付きましたよ。
 
アマガミSSでは、一番、棚町薫が好きです。
別に声優さんが御坂美琴と同じだからというわけではありませんよ。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。