想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

緋弾のアリア3話と、電波女と青春男3,4,5話と、マリホリアライブ5話と、Aチャン5話を見た。

イメージ 1
やっと展開が大きく動いて面白くなってきた感じ。
アリアがパートナーを組みたがった理由、主人公の周りに存在した謎な出来事の原因の一部がこの3話で分かる。
やっぱり原作の人気が高いだけあって、アニメも面白い。
今回は次回がとても気になる終わり方だったので早く次の話を放送してほしい。
僕の友達が原作を読むことを勧めてくれているので、原作も読むかもしれない。
イメージ 2
僕はなかなかこのアニメの電波を受信することができません。
なかなか受信が難しい。
このことを2話を見た後に友達に話したら、お前もそんな感じで電波を発しとるぞ。見たいなことを言われました。
たぶん僕は発信専用機みたいです。
 
このアニメは最近波に乗ってきた、シャフトが製作。
シャフトの絵は恐ろしいぐらいきれいで、独特である。
この作品もまどかマギカと同じように、世界観が内容と結構マッチしているのではないかと思う。
この作中では、結構他作品のネタが出て来るので幅広いジャンルを見たり聞いたりしている人は面白いと感じれると思う。
禁書ネタで「幻想をぶっ壊す!」とか3話で出てるし。
さっき受信が難しいと言っていた僕も、大体3話途中から地デジ化が進んで、だいぶ受信できるようになりましたよ。
ちなみ5話のテレビでやってた映画は、ジブリ作品の「耳をすませば」です。
(僕はジブリ好きでもあるので見逃さない。)
イメージ 3
僕が見たところ、EDには何も断りもなかったけど大丈夫なのかなぁ。
イメージ 4
今回からOPが変わったようで。
前の妄想戦士のも面白かったけど、今回のOPも面白かった。
これも確かシャフト製作。
話し全体としての完成度はそんなに高くないと思うが、ところどころに点在するネタにうけてしまう。
そんな作品だと思う。
やっぱりこれネタだろ。
イメージ 5
話の中身ははそこまで…という感じだが、OPは大好きである。
歌も結構好きなほうなのだが、特にアニメーションが面白い。
なかなか凝っているOPとなっているため、見ていて楽しい。
話の中身が少し、男性向けな傾向が強い気がして、あまり好きではない。
なんかわざわざも萌えを狙ってきているような印象を受けた。
キャラ一人ひとりは結構好きである。
1番は…う~ん。
トオルかな。(右から二番目)
決め難いけど。
ナギもありだけどな…。(一番左)
いや、ならルンも…。(左から二番目)
ここはユー子か…。(一番右)
一応、トオルということで。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
またぜひお越しください。