想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

見終わった「エヴァンゲリオン」の感想。(すこしネタばれ含む。)

(思いついたことを、すぐそのまま書いてあるので、構成はぐちゃぐちゃになってますがお許しを…。)
 
とても有名なこの作品。
自分がアニメにハマる前から名前は聞いてました。
そして見終わっての感想をまず一言で。
 
「疲れた。」
 
 
まず、1話から突如説明のないまま使徒が襲来してドンパチ始める。
ってゆうか、使徒強すぎるだろ。
イメージ 1
んで、よくわからないまま、ネルフに行ってエヴァ初号機と主人公対面。
イメージ 2
その時、主人公、綾波レイに合う。
イメージ 3
父親のゲンドウ、怖すぎだろ。(笑)
イメージ 4
そしてなんだかんだあって、主人公はよくわからないまま初号機に乗り込み、使徒と戦うことになって、1話は終わり。
 
さすが有名になるだけの作品の出だしだった。
まァ、今みたいにアニメが山ほど作られるような時代じゃなかったから、ファンが集中して有名になったんだとけど。
 
とにかく、1話だけじゃわけが分らなすぎるから、続きが気になるじゃん。
この作品の世界に、よく分らないままのめり込ませていく、うまいね。
あとからその世界の説明を少しずつ説明されていったら、納得しやすくなるに決まってんじゃん。
最初から世界の説明をされると、こことここおかしくね?つじつま合わないじゃんてなるけど。
 
そして、主人公はその後もなんだかんだいいながらエヴァに乗り続け戦って、終わったのか終わっていないのかよく分かんない状態で全26話は終わってくんだなァ。
 
おいおい、1話で戦ったときの結果も書かずにもう全26話の解説が終わりなのか、使徒に勝ったか負けたのかも分かんないじゃないか、って?
 
敵キャラは、どのアニメも大抵、主人公たちには勝てないようになってます。
 
はい、ごめんなさい調子に乗りすぎました。
 
今回の感想でここ1番重要。
この作品の特徴は、ただのアクションなどの面白さだけでなく、登場人物の内面にまでスポットを当てて話を作ってあるということであると思う。
自分自身が何のために存在するのかを考えるだけでも大変な、「人間」をテーマにするだなんて、26話で入りきるわけがないじゃん。
とにかく考えさせられる内容だったかなァ。
(人間がテーマとなってるため、話が全体的に重くなっています。見終わったあとはたぶん少し気分が沈んだ感じになると思います。)
 
無理やり話をまとめると、僕の評価としては、とても面白い作品だった。ということです。今度は映画も見てみようと思ってます。
 
好きになったこの作品の女性キャラは惣流・アスカ・ラングレーです。
とても可愛いキャラの部類に入ると思います。
でも、設定の年齢は14才なんだもんな。
友達に「また中学生のキャラが好きになったのか。」と言われてしまいそうだ。
ぱっと見、高校生なんだがなァ。
イメージ 5
イメージ 6
 
この作品は僕の勝手なアニメランキングで12位を獲得!
詳しい結果は、下にあるアニメランキングってやつから入って、その記事を見てみてください。↓
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。