想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

電波女と青春男の聖地巡礼兼、油坂峠越えに自転車で行ってきた Part2

Part1は、岐阜市郡上市美並町に入ったとこまでだったので、
今回は郡上市美並町~郡上八幡郡上八幡駅前まで。
今回もまだ電波女と青春男の聖地は出てきません。
もうちょっとだけ先です。
 
詳しくはPart1から見てください。
 
Part1からの続き。
 
朝 6:10頃 郡上市の看板を通過数分後の
朝 6:10頃 長良川鉄道 母野(はんの)駅に到着
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 12
ここも無人駅で誰もいなかった。
 
 
朝 6:20頃 次の駅である長良川鉄道 木尾(こんの)駅に到着
イメージ 23
イメージ 32
イメージ 33
この駅も無人駅。
というか、難しくて普通に読めないんですけど、駅の名前。
母野とか、木尾とか。
 
 
朝 6:25頃 道の駅みなみを通過
イメージ 34
まだ朝早いので開いてなかった。
 
 
朝 6:35頃 長良川鉄道 八坂(やさか)駅に到着
少し国道156号線から左にそれるとあります。
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
と、書いてありますが、現在の人口重心の地は東南東へ移動し岐阜県関市北部。
郡上美並町はもう人口重心の地ではなくなっています。
これは東京などの関東圏への人口集中が大きな原因のようです。
これもバブル期の過去の遺産になるんですかね。
この文の駅の名前も改名前の半在駅のままですしね。
 
イメージ 3
この駅も無人駅です。
 
偶然、駅に車両がやってきたので撮っときました。
 
イメージ 7イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
ん~、よくわからないけど、調べてみたらナガラ300型の304号のようです。
(カメラで撮るスキルのなさに自分で気づく。)
 
 
朝 6:50頃 次の駅の長良川鉄道 みなみ子宝温泉駅に到着
この駅に行くためには大きく右に156号線をそれなければならない。
僕はこの赤い、勝原橋を渡って駅へ向かった。
この橋の写真は渡りきった後、振り返って撮影。
イメージ 8
イメージ 11
イメージ 9
イメージ 10
温泉と駅が合体している変わったところだった。
 
 
朝 7:00頃 次の駅の長良川鉄道 大矢駅に到着
立派な駅舎があった。
が、無人駅であった。
国鉄時代の時はきっと駅員もいたのであろう。
イメージ 13
なんか雰囲気は電波女と青春男に出てくるの駅にも似ているが、この駅ではない。
まだまだ先の郡上大和駅である。
 
イメージ 14
須原駅から寄り始めて、初の相対式ホーム2面2線だったため、少しテンションが上がった。
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
昔はこの通信機器室も活躍していたのだろうか…。
 
イメージ 18
イメージ 19
まァ、大矢駅はこんな感じでした。
 
大矢駅には列車交換できる場所もあったので写真を撮っておきました。
イメージ 20
イメージ 21
 
長良川鉄道の駅はこの後福野駅、美並苅安駅、赤池駅、深戸駅、相生駅と続くが
これらの駅の内、赤池駅相生駅が場所や道的に遠回りになりすぎるため行くのを断念。
残りの福野駅、美並苅安駅、深戸駅は行きの時には小雨が降り始めてしまったため行くのを断念。帰りに寄ることにし、帰りに寄った。
この3駅は帰りの記事にて触れる。(Partいくつになるかはわからない。)
 
だから次に到着したのは相生駅の次、郡上八幡駅である。
 
 
 
 
小雨降る中、次の郡上八幡の市街地を目指している僕は、
安全確保のために対岸の交通量の少ない道を途中で選択した。
そしたら、裏道は落石のため通行止めになってた。
本当に俺の体のどこかに幻想殺し(イマジンブレイカ―)があるかも(笑)
一回目と二回目の警告は無視して進んでいったが3回目のは完全に通れないようにしてあった。
戻るの辛かったな。
この写真は一回目のものと三回目のもの。
三回目の完全に通れないようにしてあった写真は撮り忘れたので、
対岸の国道156号線側から撮り直した。
イメージ 22
イメージ 24
普通に雨降ってます。
 
これが落石してたとこの現場。(対岸から)
数日前に台風きてたからそれが原因かも。
イメージ 25
 
 
この落石が原因で大きくタイムロス。
計画は余裕を持って作られていたのでよかったが、
余裕なしの計画だったらここで帰っていただろう。
ロスは20分~30分くらいかな。
気を取り直して旅を続ける。
 
朝 8:20頃 たぶん郡上八幡に入る
イメージ 26
 
朝 8:45頃 郡上八幡市街地(?)に入る
郡上八幡市は実際には存在しないので、この表現はどうなんでしょう。
郡上市八幡町の市街地と言うことでしょうか。まァ、いいや。
イメージ 27
 
 
上の写真の数分後「中野」と言う交差点を発見。
なんとなく貼っておきます。それに関係する画像とともに。
イメージ 28
イメージ 29
僕はりっちゃん派なのだがね(笑)
 
ちなみに信号が縦になっているのはここら辺が豪雪地帯のためです。
雪が信号の上に積もりすぎて壊れるのを防ぐため、あまりうえに積もらないような縦型になっています。って中学の地理の授業で皆さん知ってますよね。
まァ、復習と言うことで。
 
 
朝 8:50頃 長良川鉄道 郡上八幡に到着
イメージ 30
行きの時にはホームなどが通学や通勤や観光客などで結構人がいたので帰りに駅の中を見ることにした。
イメージ 31
これは駅の真ん前にあります。
 
郡上八幡駅のこの画像を張ったところで、このブログでアップできる画像の限界、
2MBがきてしまったのでここでPart2は終了です。
僕的には電波女と青春男の聖地郡上大和駅の手前まで、今回書きたかったのですが。
たぶん短いPart3書きあげ調整した後、聖地の記事を書くと思います。
また次の記事をお楽しみに。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。