想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

「僕は友達が少ない」(アニメ1話)の聖地を発見!!!

※今回行ってきたのは1話の舞台です。
  ネタばれを含みますので、ネタばれが嫌な方はここで戻ってください。
 
地元で聖地を発見!!!
ということで聖地巡礼に行ってきました。
 
見つけたのは僕の友達。
僕も見おぼえはあったけど思い出せんかった(笑)
自分一人でも惜しいところまで入ってたんだけど、友達の方が早かった。
 
たぶんまだ他の人たちはまだ見つけてません。
誰もまだ行っていない聖地行ったのが、なんだか優越感(笑)
 
期待していた通り、岐阜に聖地が出来てうれしい!
 
ここ以外の聖地は一切見つかっていないので情報募集中!
コメントください!
 
それでは紹介します。
(多少の違いはお許しください。)
 
OPから
イメージ 1
イメージ 37
これは友達と肩車をして撮ったものです。
頑張った。
にもかかわらず分りにくい…。
ヘリを呼べ、ヘリを。
聖地になっているところは螺旋階段とくっついている柵から中だけです。
その外の煉瓦で出来ているような通路や溝、柵は実在しません。
OPを見た方はわかると思いますが、このアニメカットの先には池(噴水?)や礼拝堂になっている設定になっています。
しかし、実際の聖地には礼拝堂や池はなくただの橋や芝生があり、岐阜城の見える金華山がそびえたってます。
ちなみに写真に写ってる山の一番高いところに岐阜城があります。
 
イメージ 10イメージ 24
理科が望遠鏡で覗いてるとこです。
実際は柵が曲がってました。
 
イメージ 18イメージ 16
像と理科がいたところの位置を重視して撮ったのが上の写真。理科がいたところの描き方(角度)を重視して撮ったものが下の写真になってます。
下の写真は逆光になっちゃいましたが、仕方ないです。そうじゃないと入らなかったので。
と、言うことでこのカットな完全再現は不可能です。
どっちかにひずみが出ます。
イメージ 15
 
イメージ 27イメージ 36
みんなで望遠鏡をのぞいているところです。
なぜ斜めに撮っているかというと、なるべく柵の向こう側にある通路の穴と螺旋階段の位置を合わせたかったからです。
アニメでは(一番最初のアニメ絵を見ればわかるように)螺旋階段がここの真正面にあるという設定ですが、実際は少し右にあるためこのようにしないと撮れなかったのです。
一応正面から撮ったのもありますが。
 
 
ここから本編
イメージ 34イメージ 33
右側の部分が煉瓦でなく石造りになっていますが、アニメの前後を見たところここで間違いないです。
製作の時に変えたのでしょう。
遠くから見ると、下の写真のようになってます。
城壁の中にあるにはみたいな感じですね。
イメージ 35
 
イメージ 38イメージ 32
雰囲気だけお楽しみください。
 
イメージ 39
このカットの回収は忘れていました。
来週またここが出てきたら、その時に回収し直しに行きます。
 
イメージ 40イメージ 30
アニメの設定ではここは通れますが、実際は通ることができません。
ここも製作の時に手直ししたのでしょう。(この設定も最初のアニメ画像で確認できます。)
 
イメージ 2イメージ 31
イメージ 3イメージ 28
イメージ 4イメージ 26
イメージ 5イメージ 29
見ればわかるように、これはマリア像ではないんですよね。
向いている方向は一致しています。
はがないの学校の設定がキリスト教系なので変えた方が都合が良かったのでしょう。
この時ちょうど、宗教の話をしてましたし。
像と岐阜城のコラボレーション(笑)
 
イメージ 6イメージ 25
似ていると思います。
イメージ 7
この上の画像の奥に描かれている通路(穴)は最初のアニメ画像には描いてありません。
スタッフの描き忘れのミスと思われます。
イメージ 23
螺旋階段についてはそっくりと言えるでしょう。
ここを登るときはテンションが上がりましたね。
 
イメージ 8
イメージ 22
横幅が足りないのですがここで妥協しました。
後ろに木があってこれ以上下がれなかったのです。
実際の方が、鉄の棒がごちゃごちゃしています。
アニメでは省いたのでしょう。
アニメでは花が咲いていますが、今は季節が秋なので何も咲いていません。
春などになればここにも花が入ると思います。
 
イメージ 9
イメージ 11イメージ 21
アニメ絵には礼拝堂が映ってますね。
実際には何もありません。
やはり秋なので花は咲いていません。
花が咲くころになったらまた来たいですね。
 
イメージ 12イメージ 20
ここですね、主人公が赤くなったところは。
イメージ 13
この方向のカットは撮り忘れました。
実際にはこういう風にはなっていません。
次に行った時にでも撮ってきましょうかね。
参考程度に下の写真を張っておきます。
これは今の夜空の位置から夜空の向いている方向を撮ったものです。
左側が先ほどの正面と同じ方向になるということです。
煉瓦などを使っていない柵があるだけです。
イメージ 17
 
イメージ 14イメージ 19
ちょっとずつ違いますが、段数などは一致ですかね。
鉄柵や床など全面的に手直しが入っていますね。
 
 
岐阜市は初のテレビアニメでの聖地化ですかね。
岐阜城がちょっとだけ出てきたりしたアニメもありますが、登場人物がそこに出ているような聖地は初めてかと。
中部圏内には聖地が少なくて悲しかったので、新しく聖地が、しかも自分の地元にできて本当にうれしいです。
 
これをきっかけにみなさんが岐阜市にやってくることを期待します。
 
書き忘れていましたがここは長良公園の沈床花園です。
 
最後まで読んでいただき有り難うございました。
 
詳しい場所はこちらの地図を参照してください。