想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

花咲くいろはの聖地巡礼 湯涌温泉編 Part4

回が第4弾!!!!
 
今回書くのは、1つ目のEDにでてきた場所です。
 
投稿するPartの順は、大まかに撮影順になっています。
何も撮らずにまず喜翆荘の方に登って行くというコースの人は珍しいのではないでしょうか。
 
撮影した場所がどこなのかという質問があればコメントに書いてください。
Yahoo!ブログの方であれば何らかの方法を使ってお教えします。
Yahoo!ブログの方でなくても何かしらの手を使って教えたいとは思います。
 
 
 
ちょっと前まで江戸村(?)があったところまで散歩がてら登ってそこから登山道みたいなところを下山。
江戸村あったところまで来たらそこの地元のおじいさんがいて、
親切に「いろはのやつかい?いろはのやつならこの下のところがモデルやぞ。」と教えてくださいました。
僕は散歩がてらこっちに来てみただけです、と答えました。やさしいですね。
僕はジョックシューズ履いていたんでいいですけど、友達はサンダル履いてここを通りました(笑)
イメージ 2イメージ 6
こことか半分道見えんかった(笑)
ひど過ぎてつい写真を撮ってしまった。
どんだけ人通ってないんだよ(笑)
比較的大きな木の枝もいっぱ落ちてて歩きにくかった。
イメージ 7
やっとしたまでたどり着いてすぐそこにあったもの。
たぶん氷室小屋です。
 
1つ目のEDより
イメージ 1
イメージ 9
EDに似たカットを撮ろうとしたのですが、難し過ぎて断念。
というかめっちゃ虫が飛んできて噛まれまくって退散したというのもある(笑)
ほぼ正面からのカットを撮ろうと思うと遠くになりすぎて雰囲気が出なかったんだよね~。
撮影は不可能だから、完璧これはアニメ上の演出。
場所はこの橋で間違いないはず。
 
イメージ 5
イメージ 8
EDの画像はくっつけるとこんな風になるが、実際にはこの橋からこのように湖を見ることはできない。
それは上の写真で分かってもらえると思う。
これもアニメ上の演出と思われる。
一番下の部分の画像の貼り付けがへたくそなように見えると思うが、これは自分の技術が足りないというだけではなく、アニメの水面のきらめき方が時間とともに変化していたということも理由である。
だからきらめきのない、右下部分は比較的きれいにくっついているように見えると思う。
 
イメージ 4
イメージ 10
橋と一緒では不可能だったので橋をなしで別の場所から撮影。
雰囲気はすごく近いと思います。
昔はここから、喜翆荘ではありませんが「白雲楼」が見えていたそうです。
アニメにある喜翆荘に続く石段も存在しません。
1話で緒花が喜翆荘まで登るために使った石段がそれなので、ここのモデルの階段は存在しないということです。
 
もうちょっと右から撮ったカット。
どっちが似てるかな?
イメージ 11
イメージ 3
この池の看板です。
玉泉湖って言うんですね。
先ほどの氷室小屋の矢印も付いています。
ちなみんこの看板でいう左に進むと先ほどの橋へ、右へ進むと先ほどの遊歩道(登山道?)に行けます。
後ろに進むと湯涌温泉街です。
 
 
今回の巡礼記事は、これで終わりです。
今回もほとんど比較がないものばかりでしたね。
 
次回はぼんぼり祭りのときにメインとなっていたお稲荷さんです。
ちょっとずつ温泉街に近づいていますよ!
次回も楽しみにしていてください。
 
最後まで読んでいただき有り難うございました。