想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

見終わった「マクロスF」の感想(ネタばれあり)

まず見終わってからの一言感想。
 
オズマ・リー、かっけー!
イメージ 1
 
見終わってから一番思ったことは、「僕が見てきていたアニメって、萌えを狙ったアニメばっかりだったんだな。」ということ。
大体いつもは、あのキャラが可愛いだの何だの書くことが多いけど、今回は違う。
見ればわかるけど、出てくる男性キャラはみんなとてもかっこよかった。
さっき書いたように、一番かっこよかったと思ったのは、オズマだけどね。
 
ミハエルの女たらしっぷりは見ててとても面白かったし、バジラの襲撃によって死んでしまうところも感動的であったし好きだった。(クランとのくだりを思い出すと今でも涙が出そう…。)
イメージ 2
 
 
主人公アルトがヒロイン二人の間でうだうだしてるのを見てるのはイライラした。
どっちかに、はよ決めろよ!って。(笑)
しかも話の最後の最後までどちらのヒロインかはっきりしなかったしな…。
たしか、この映画があるんだったけ?
その時、すっぱりきまればな…。
 
劇中歌はどれもいい曲で良かったですよ。
1番好きなのは、「射手座☆午後九時 Don't be late」かなぁ?
 
最後に内容を簡単にまとめると、歌で銀河は救える!ということ。
 
この作品、「マクロスF」の自分のアニメランキングの順位は37作品中、16位
こんな順位で申し訳ないとは思うが、好きな女性キャラが出来ないと僕のランキングではなかなか上位には入らないもので・・・。
でもまぁ、半分よりも少し上だしまァまァいい順位なんじゃないかなぁ?
 
詳しい僕のランキングはこちらから↓↓
                 アニメランキング
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。