想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

4泊5日四国特急旅行 1日目後中篇

今回の旅の舞台は再び四国!!!!

旅行日程は2015年3月11日~3月15日です。
今回の旅行の記事化にも1年以上かかっています(笑)
題の特急旅行についてですが、四国の往復には18切符を使って降りますのでご了承くださいw

この記事は四国旅行記事第2弾の1日目後中篇になります。
1日目に岐阜~徳島、2日目に徳島~高知~愛媛、3日目に愛媛~徳島、4日目に徳島~高知~徳島、5日目に徳島~岐阜という日程で行ってきました。
割と縦横無尽に動き回っている感じですね。
今回は、いつもならしっかり建てている事前計画は無く、急遽行ってきたものになるので行程が一部不明確な部分があります。ご了承ください。
移動しながら行程を考えていたもので・・・。

2013年12月25日~27日に訪れた以来の四国になります。

前回の記事までで日和佐駅まで来ています。

それではどうぞ。

17:20頃、牟岐駅に到着してます。
イメージ 1

牟岐駅は数少ない有人駅でした。
イメージ 2

団体客用の入り口?がありました。
イメージ 3
違うのかもしれないのですが、ここまでしっかりした軒下が駅の横にあると不思議ですね。

イメージ 4
停車中の車両です。

イメージ 5
最近では珍しいですよね、構内踏切。
安全のためなんでしょうが。

イメージ 6
構内踏切の解消をできない代わりなのか、異様に柵が立ててあります。

イメージ 7
駅構内には、複数の線があります。

何がどうECOトレインなのかよくわかりませんが、書いてあります。
イメージ 8
列車自体がECOということでしょうか?
それとも、この列車がECOな車両なのでしょうか。

イメージ 9
牟岐駅です。
けいおん!のムギちゃんを思い出します。


イメージ 10
開業当時の木造駅舎だそうです。

イメージ 11
牟岐駅とは、これでお別れです。

17:50頃、海部駅に到着です。
イメージ 12
ここで牟岐線は終わりです。

イメージ 13
この駅で降ります。

夕暮れに包まれていきます。

イメージ 14
利用客はそこそこいました。
夕方なので、帰宅客みたいな感じでした。

イメージ 15
この駅から先はJR四国では無く、阿佐海岸鉄道になりますので、この先は18切符が使えません。

海部駅の待合場所です。

イメージ 16
座布団があるところに温かみを感じますね。


ほぼ1時間に1本は走ってますね。

昼間帯には走ってない時間もあるみたいですが。

イメージ 34


イメージ 17

こちらはJR四国の発着ホームなので、反対側に移動します。

いつもは三セクには乗らないのですが、ほんの少しの距離ですしまたいつ来れるかわからないので、今回は乗ります。


イメージ 18

この駅は高架駅だけでなく、構内踏切までありました。


イメージ 19

踏切を渡ります。


イメージ 20


渡った側からの撮影。

イメージ 21

イメージ 22

ホームを渡ると、JR四国の看板から変わり、阿佐海岸鉄道の看板になります。

イメージ 23

イメージ 24


阿佐海岸鉄道の車両がやってきました。

イメージ 25


なんか頭に枝豆みたいな看板がついてました。

なんだあの枝豆は!?と思っていたのですが、すだちくんという徳島のキャラクターでした。

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28
室戸阿南海岸国定公園50周年の看板が付いていました。

調べてみると、この車両が廃線になった高千穂高原鉄道で使われていたものになるんでしょうかね?

イメージ 29


海部駅から甲浦駅行です。

イメージ 30

甲浦駅はたった二つ隣の駅です。


イメージ 31

横にデカデカとすだちくんが描かれています。


イメージ 32

オレンジ色のぽんかんくんも書かれています。


イメージ 33



イメージ 35

宍喰と海部で出なかったら、整理券出るのは甲浦駅だけ???


イメージ 36

超シンプルですね。

電光掲示板無しですべて表示できてしまいますw


イメージ 37

往復の運賃を揃えておきました。

完璧です。
料金支払いの両替とかに自信がなかったのでピッタリ準備しておきましたw


乗車中や停車中の風景です。

イメージ 38

イメージ 39


18:04頃、甲浦駅に到着です。

すぐに終点に到着です。

イメージ 40

短い距離ですが、高架が続いていて規格が良いような気がします。


イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 44

イメージ 45


先に延ばせそうな感じの造りで終わっていました。

まぁ、伸びることがあるのかはわかりませんが…。

イメージ 46

イメージ 47

イメージ 48

強引な終わらせ方だなぁw


イメージ 49

観光マップとはありますが、なかなか訪れられない場所ばかりです。

道の駅都海水浴場がメインの観光地・・・?


イメージ 50

広範囲な真pもありました

施工日が平成5年とあるので、これ、僕が生まれた年からあるんじゃないですか・・・。

終点、甲浦駅です。

イメージ 51

イメージ 52

イメージ 53


イメージ 54
駅寝はできないようになっていました。
まぁ、寝ない僕には関係ないですが。

需要に対して、立派過ぎる感はありますけどね。

イメージ 55

イメージ 56

イメージ 57

イメージ 58

イメージ 59

イメージ 60

イメージ 61

イメージ 62


駅前をうろうろするほどの時間もないので、すぐにホームに戻ります。

イメージ 63

イメージ 64

イメージ 65

イメージ 66
ここからまた、阿佐海岸鉄道牟岐線を折り返していきます。

今回の記事はこれで以上です。