想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

一部の春アニメの1話を見た。

(今回の日記は書いているうちに書きたいことが増えていって、文が増えすぎてしまったということと、途中、最初の話からそれていたりするということを皆さんに最初に伝えておきます。ご容赦ください。
全て読んでもらえるとうれしいです。)
 
見たアニメは、神のみぞ知る世界Ⅱと、緋弾のアリアと、あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らないと、青の祓魔師と、Aチャンネルです。
 
他のアニメは、1話を見逃してしまっているので見るのはきっと、もっと後になります。
今回期待していた京アニが送る「日常」を録画し忘れていたのが少し残念です。
 
まだこの地域では放送が始まってない、電波女と青春男と、もしドラは見る予定です。
 
見た感想
神のみぞ知る世界は、OP、EDにもだいぶ気合入ってますね。
一期の時から気に入ってた作品なのでこれからも期待度は高いまま、
見ていくことになると思います。
 
緋弾のアリアは、メインヒロインの声が釘宮さんだったので
(これを書いている人はあまり釘宮さんの声が好きでない)、
少し期待が薄れていたのだが、意外と面白かった。
しかも、今までの釘宮さんのやってきた中で、
今回のキャラが一番声があってる気がする。(個人の感想です)
なので期待度は大幅に上がり録画継続決定!
 
あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らないの1話は、
とてもよく、続きがとても楽しみである。
 
これは原作がなく完全オリジナルアニメーションだったため、
期待をするかしないかの判断が難しかった。
一応期待できた部分は、
監督がとらドラ!超電磁砲の監督を務めた長井龍雪さんだったというとこと。
(僕からすればとらドラ!の監督をやった人というよりも、
 超電磁砲の監督をやった人というイメージが強い。)
完全に期待できなかったのは、完全オリジナルアニメーションは当たり外れが大きいから。
 
(ここらへんから話それます。)
最近主流のアニメは、
大体、原作の人気があってアニメ化されるのでそんなに大きく外れることは少ないが、尺が足りなくなって、ストーリーを削ることが多いため、
大きく当たることは少ない。
 
そのいい例として、とあるシリーズがある。
禁書目録1期はスタッフががんばってカットする話を減らせてはいたものの、2期では完全に話をカバーしきれ なくなって、
多くの話がカットされてしまった。
そのため、原作の方が面白いという人は多くなってしまっている。
 
それに対し超電磁砲は、
原作の話が少なくアニメ用に調整しやすかったということと、
アニメ用のオリジナルストーリーを挟めたため、
禁書目録以上といってもいいほどの人気を勝ち取ることができた、と
僕は考えている。
(AngelBeats!もそれで成功したと僕は考えている。)
 
(ここら辺から戻ります。)
まとめると、
・完全オリジナルアニメーションの強みは、
 放送用にアニメを作ることができることで、
 大きい弱みは、放送してみないと人気が出るかが分からないということ。
・原作がある作品はその逆であるということ。
 である。
 
話を戻して、この作品「あの花」は、1話しか見てないけれども、
その強みをうまく使っている作品であると思う。
まだ充分にこの後この作品が失速する可能性はあるが、
僕はこの作品をこの春最大の期待作として見ていきたい。
 
青の祓魔師は、主人公の声が一方通行役と同じ声だということを知って、見ることを決めました。
さすがアニメ化するだけあって、ストーリーは面白そうですね。
これからも見ていきます
 
Aチャンネルは、ほのぼのしてますね。
面白い事は面白いんですが、そこまで強く惹かれるものがないので、
もしかしたら録画はやめて、だいぶたった後のiPodでの鑑賞になるかもしれません。
 
とまァこんな感じですかね。
途中、なんだか良く分からない上にまとまってない自論を持ち出したりして、
すみませんでした。
さぞ読みにくかったことでしょう。
これからもあると思うので、心の準備をお願いします。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
アマガミなめてました。(画面を舐めてたわけではないです。)
すみません。