想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

中二病でも恋がしたい!1話の聖地巡礼情報(一部未特定)

とりあえず1話目なので紹介する場所が多いです。
 
本編
資料映像のコンビニのモデルは未特定。
ナレーションが「自らをダークフレイムマスターと・・・」と話していたあたりで主人公が橋の間にいたカットは、JR瀬田川にかかる橋梁と橋梁の間(東岸)。
主人公たちなどが住むマンションのモデルも未特定。
 
OP
船の泊っている岸で六花が一人座っていたカットのモデルは唐橋公園をさらに南に行って漁港を通り過ぎたあたりの岸。
六花がいた遊具のモデルは唐橋公園の遊具。
森夏が奥に向かって走って振り返る(右のみの)カットのモデルも大津港のモニュメントがあるところ。
バックに水のある早苗の(左のみの)カットのモデルは近江大橋東岸にある新浜町料金所の南にある橋(湖岸道路)から上流を見た風景。
六花が座っていて(右)と主人公が自転車をこいでいる(左)カットのモデルは未特定。
みんなで踏切を渡っているカットは穴太駅から。
六花がパラソルをさしているカットのモデルは琵琶湖汽船ミシガン号の4階のスカイデッキにあります。大津港に停泊している際に奥の建物も一緒撮れるらしい。
左がパラソルをさしている六花、右が夏の制服(?)の六花で、奥に看板が見えるカットは石山駅南口デッキのカット。
左が海で右が学校(?)のカットのモデルの詳細は不明です。
左に「アニメーション制作 京都アニメーション」と書いてある早苗のカットは穴太駅の自販機がモデル。
OP終わりがけの主人公と六花が手をつないでいそうなカットは、おなじみのJR瀬田川にかかる橋梁の間(東岸)。
 
本編
踏切のカットは石山駅近くの踏切。
その後の橋のカットは唐橋のあたりから北方向の橋梁(国道1号、JRなど)を望んだカット。
その後の上から踏切を見るカットも石山駅前のカット。
主人公と森夏が初めて出会った駅のモデルは石山駅
学校のモデルは旧鎌掛小学校。学校の中はどこまで一緒かは不明。
 
特定次第、記事を変更します。