想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

境界の彼方の聖地巡礼(大歩危駅)

境界の彼方の10話冒頭に出てきた駅のモデルです。
 
ここから、(おそらく)ムーンライト高知に乗って行ったんですね。
実際には大歩危駅ムーンライト高知は停車していなかったようです。
ムーンライト高知はすでに廃車になっていて存在していません。
 
アニメと同じ、夜の大歩危駅に行くことが出来て、満足です。
冬の夜だったので震えながら撮りましたw
 
全て10話より
イメージ 1イメージ 9
ここの高さから撮るのは出来ないので最初からあきらめて低いところから。
駅舎など、よく似ています。
 
イメージ 2イメージ 11
このカットからすでにそうですが、ホームの縁と白破線との距離が変えられています。
アニメの方が狭いです。
 
イメージ 3イメージ 7
右の列車は自分が乗ってきた列車です。
まさか、自分がここにいる時間よりも後にならないと折り返さない(どかない)とは思いませんでした。
と、いうことで諦めてそのまま撮影。
恐るべし、JR四国
黄色い点字ブロックの位置などなど、少し変えられています。
 
イメージ 4イメージ 10
このカットを撮った後に、ベンチに座って手をハァーッと温めましたw
 
イメージ 5イメージ 8
駅から周りを見回しましたが、奥の建物のモデルがどこなのか分かりませんでした。
夜でしたし。
少し降りた遊歩道から撮ったので、だいぶ下からのカットに。
 
イメージ 6イメージ 12
大歩危駅を出て高知方面へ向かう車内からの撮影です。
ライトで反射するレールと、うっすら上の赤い橋が見えます。
阿波池田方面からの写真も撮るには撮ったのですが、綺麗には写らなかったので。
どちら側にも、アニメのような箇所ト(トンネル内から大歩危駅)はありません。
 
到着して下りた後このホームを見たときのテンションは非常に高くて、気付いたら跳ねてましたw
 
今回の記事はこれで以上です。
最後まで読んでいただき有り難うございました。