想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

僕らはみんな河合荘の聖地巡礼(金華庵〈川原町屋〉)

7話に出てきた金華庵のモデル、cafe & gallery 川原町屋さんです。
前から行こうとは思っていたものの機会がなく延びていました。
 
そして今日、フォロワーさんの岐阜案内をするついでに入店して撮影してきました!
 
店内の撮影、ブログへの画像UPは許可を頂いています。
「cafe & gallery 川原町屋」のスタッフの方にはお世話になり、こころよい許可と丁寧な対応、そしておいしい抹茶カプチーノと有難うございました<(_ _)>
 
取りあえず、比較のみのUPとなります。
後々この記事に他の店内カットなどもUPします。
 
すべて7話より
イメージ 1イメージ 8
建物に入ってすぐ左手にあります。
ここは奥の屏風、たんすなどが一致しています。
モデルなのは間違いないですね。
お店の方に話を伺ったところ手前の小物がこのような配置になるのはひな祭りの頃とか。
ぜひその頃にまた行こうかと思います。
 
イメージ 2イメージ 7
同じ場所はなかったように思います。
 
イメージ 3イメージ 11
一番似ている場所でここかと思いますが、完全一致の部屋はありませんでした。
ここは想像でしょうか。
 
イメージ 4イメージ 9
恐らく、入って少しの所の頭上にある場所。
比較的一致度は高いです。
 
イメージ 5イメージ 14
ここは撮り間違えました。
もう一つ先の敷居あたりからですね(汗
後日再訪問時の写真と差し替えました(11/13
右の屏風、奥の丸いテーブル、窓などが一致。
撮り直しに行きたい…。
ここにある丸いテーブルがみんんでご飯を食べていたテーブルにも思えるのですが、下の写真のように柄が入っているため違うみたいです。
イメージ 12
 
イメージ 6イメージ 10
外からのカット。
前に撮った使い回しですw
実際には喫茶店の入り口というわけでもないので要注意。
 
イメージ 13
ありがとうございました!!!
 
 
いろいろと話を伺ったところ、なんとなくとあるアニメでここをモデルとした店が出ているという話は聞いていたそうです。
スタッフの方によるとソースは社長さんからとのことw
主人公のバイト先の店になっているという風に聞いたとのことなので少し違って伝わっているようでした。
実際は主人公のバイト先(書生カフェ)と同じオーナーの食事処?(金華庵)の店内モデルになっています。
 
作品名を知らなかったりや内容が少し違っていたものの、お客さん(他の舞台探訪者)から聞いたわけでもないのに情報が流れていたのには驚きました。
オタクの方が来ないとそんなの分からないですからね・・・w
ちなみに許可を取っての店内を(河合荘関係で)撮影したのは今回が初めてとのことで少し驚きました。
 
ぜひ、過去に入った人がいなかったからと敬遠されていた方が見えましたら是非お立ち寄りください!
 
今回はひとまずこれで以上です。(また画像追加します