想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

JR北海道全線2457.7㎞ほぼ鈍行走破旅行 4日目(後篇)全行程約6100㎞11泊12日

2014年8月30日~9月10日までの11泊12日北海道全線ほぼ鈍行旅行です。
「ほぼ」と付いているのは一部区間は特急(特例区間のみ)、急行を利用しているためです。
旅行の参考にしていただけると嬉しいですが、ダイヤも変わっていることでしょうしお気を付けください。

今回の旅行は、いつもの18切符だけではなく、北海道&東日本パスを利用しました。
18切符の5日間+北海道&東日本パスの7日間=12日間 ということです。
使い方は1~4日目:18切符、5~11日目:北&東パス、12日目:18切符という使い方をしています。

※文字の行程は面倒だったら読み飛ばしてくださいw
1日目に岐阜~高山~飯山線新発田(新潟)、2日目に新発田~函館、3日目に函館~(大沼公園経由)~函館本線~札幌、4日目に札幌~新十津川→滝川~上川、5日目に上川~網走~釧路、6日目に釧路~根室~滝川~旭川、7日目に旭川稚内旭川、8日目に旭川新得~夕張~石勝線~南千歳~苫小牧~静内、9日目に静内~様似→札幌~滝川~岩見沢~苫小牧~室蘭~苫小牧、10日目に苫小牧~新千歳空港~小樽~札幌→青森、11日目に札幌→青森~花輪線~盛岡~小山(栃木)、12日目に小山~岐阜という日程で行ってきました。
今回はその1日目(前篇)です。
今旅行は単独旅行となっています。
まぁ、こんな長期間の旅行に一緒に行こうとする友達はなかなかいないわけでw
乗りっぱなしも多いですし。
 
4日目の行程は以下のようになっています。
イメージ 72
イメージ 73
イメージ 74
前回記事にて、増毛駅まで来ています。

すでにダイヤは大きく変更されているのでお気を付けください。

14:45頃、増毛駅に到着です。
イメージ 1

イメージ 2
増毛駅看板です。
この名前であることが理由で、ひそかにこの駅に人気が出ていたりしますw

イメージ 3
この当時も土砂崩れ発生の恐れにより徐行運転を行っていました。
「安全対策が追いつかない留萌―増毛間(16・7キロ)を先行して2018年度までに廃止したい」という理由の原因ですね。


駅舎内です。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
お土産施設みたいなものがくっついていました。

イメージ 4
増毛駅のそば屋は閉店していました。
調べてみると、ウィキペディアでも紹介されていますが、閉店したことについては書かれていませんでした。

いつ閉店したんでしょうかね?

イメージ 9


イメージ 10
駅前は人が少ないものの、昔の活気を感じられるような街並みとなっています。

イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
立派な造りの建物ですね~。

イメージ 14
海方向に延びる道。
きれいですね~。

イメージ 15
この日も天気が良くてよかったです。
留萌の街の方が見えています。

イメージ 16
イメージ 17
もう来ることは無いかもですが、今回はスルーでw

イメージ 18
イメージ 19
岐阜のあたりだと、うだつと言うと美濃市が有名ですね。
むしろ、北海道にうだつ壁があることにびっくりした。
うだつが上がるという語源からいっても、相当栄えてた町だったんですね~。

イメージ 20
イメージ 21
映画「駅」で使われたセット、「風待食堂」。

イメージ 22

イメージ 23
これは少ないですw

イメージ 24
増毛駅は単線の駅にもかかわらず、異様に敷地が広いです。
これも昔の名残なんですよね~。

イメージ 25
駅近くからも海が見えました。

イメージ 26
増毛駅舎。
正確にはほとんどが考子屋かな?w

イメージ 27
そろそろ折り返しの列車の出発の時間です。

イメージ 28
さらば増毛駅
廃止になることが濃厚になっていますが、せめて僕が薄毛に悩まされるようになる年くらいまでは頑張ってほしいものです。

イメージ 29
15:40頃、折り返し列車に乗車です。

イメージ 30

イメージ 31
車窓からは綺麗に海が見えます。

イメージ 32
阿分駅の駅舎です。
ちっちゃすぎですw

イメージ 33
変わった駅名ですねw
女の子に耳元で囁いて欲しい駅名です。(え

イメージ 34
お隣の礼受は車両の駅舎でした。

イメージ 35
車窓から素敵な学校が見えました。
こんな風に海が見える学校、通って見たかったです。
荒れたら大変でしょうがw
この学校、グランドからして廃校になっているっぽかったので少し調べるのに手間取りましたが、廃校になった礼受小学校だそうです。
ストリートビューにて、学校前のバス停の名前から分かりました。

イメージ 36
国道とも並走しています。

イメージ 37
留萌駅にて少し時間があったので改札の外へ。
行きはそんな時間無かったんですよねー。

イメージ 38

イメージ 39
立派な駅舎ですね~。

イメージ 40
駅前も大したものです!
パークアンドライドとかやってるんでしょうかね?

イメージ 41
イメージ 42

イメージ 43
駅舎が大きいだけあって、駅舎内も割と広かったで。

イメージ 44
通過していきます。

イメージ 45
午前中に行った新十津川駅とここが繋がっていたんですもんね…。
乗ってみたかったです。

17:20頃、深川駅に到着です。
イメージ 46
留萌本線に乗るためんび深川駅に到着してから戻ってくるまでに5時間かかっていますw
次はなかなか行けないですね~。


イメージ 47
深川駅に戻ってからも1時間弱の乗り換え待ちですw

イメージ 48
走行中だったのでぶれちゃっていますが、この車両引退間近だったんですね。
のちに岩見沢駅で知ることととなりました。

イメージ 49
知っていたらもうちょっと頑張って枚数撮ってたんですけどねぇw

深川駅を出発して30分程度で旭川駅に到着です。
さっきまでの1時間の待ち時間は何だったのかw
イメージ 50
って、なんだこの近代的な造りの駅は!!!!!

イメージ 51
しゃれおつですな~。

イメージ 52
イメージ 53
イメージ 54
イメージ 55
イメージ 56
イメージ 57
イメージ 58
イメージ 59
イメージ 60
JR北海道の力の入れるところが分からない・・・。

イメージ 61
イメージ 62
イメージ 63
夜の旭川駅
綺麗でした。

今日のゴールは旭川駅!!!と休みたいところですが、この日の宿は上川駅の計画になっているんですよね。
旭川駅に到着したのは18:38。
石北本線上川行の列車の出発は20:46。
2時間弱あるんですよこれが…。

イメージ 64
イメージ 65
イメージ 66
完全に暇な時間を持て余します。

イメージ 67
実は駅弁屋を探していたのです。
この時間でもやっていてよかった~。

イメージ 68
イメージ 69
先ほどとは反対側からもパシャリ。
こちら側が街として発展しているようでした。


旭川駅発、上川駅行きに乗り込んで本日の宿を目指します。
イメージ 70
イメージ 71
本日の夕飯、「蝦夷わっぱ」。
海鮮ものばかリな気がしますw

この後1時間程度で上川駅につくのですが、鈍行鉄道旅ではやってはいけない寝落ちをしてしまいました…。

終点についてから運転手さんに「お客さん、終点ですよ」と起される羽目に。
自分の目的駅が手前の駅だったら…と思うとぞっとしました。
JR北海道さん、お邪魔致しました<(_ _)>

実は、ここ上川駅に到着してからそのまま宿に向かったのですが、いつもなら撮る駅の写真を撮らなかったんですよね。
一瞬撮ろうかと思ったのですが、怖くてやめました。
そう、寝起きの僕にとって超恐怖でした。
その後コンビニにも行ったのですがそこも地獄絵図に・・・。(写真は撮ってません。)

理由は次の記事にて!

次回は5日目。
上川を出発するところからです!!!!

今回の記事はここまで。
お次は5日目(前篇)になります。

最後まで読んでいただき、有難うございました。