想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

JR北海道全線2457.7㎞ほぼ鈍行走破旅行 7日目(後中篇)全行程約6100㎞11泊12日

2014年8月30日~9月10日までの11泊12日北海道全線ほぼ鈍行旅行です。
「ほぼ」と付いているのは一部区間は特急(特例区間のみ)、急行を利用しているためです。
旅行の参考にしていただけると嬉しいですが、ダイヤも変わっていることでしょうしお気を付けください。

今回の旅行は、いつもの18切符だけではなく、北海道&東日本パスを利用しました。
18切符の5日間+北海道&東日本パスの7日間=12日間 ということです。
使い方は1~4日目:18切符、5~11日目:北&東パス、12日目:18切符という使い方をしています。

※文字の行程は面倒だったら読み飛ばしてくださいw
1日目に岐阜~高山~飯山線新発田(新潟)、2日目に新発田~函館、3日目に函館~(大沼公園経由)~函館本線~札幌、4日目に札幌~新十津川→滝川~上川、5日目に上川~網走~釧路、6日目に釧路~根室~滝川~旭川、7日目に旭川稚内旭川、8日目に旭川新得~夕張~石勝線~南千歳~苫小牧~静内、9日目に静内~様似→札幌~滝川~岩見沢~苫小牧~室蘭~苫小牧、10日目に苫小牧~新千歳空港~小樽~札幌→青森、11日目に札幌→青森~花輪線~盛岡~小山(栃木)、12日目に小山~岐阜という日程で行ってきました。
今回はその1日目(前篇)です。
今旅行は単独旅行となっています。
まぁ、こんな長期間の旅行に一緒に行こうとする友達はなかなかいないわけでw
乗りっぱなしも多いですし。
 
7日目の行程は以下のようになっています。

イメージ 79
イメージ 80

すでにダイヤは大きく変更されているのでお気を付けください。

今回の記事は一切列車に乗りません!


稚内駅に到着したところからのスタートです。
イメージ 1
イメージ 2
白を基調としたシンプルな駅舎です。

イメージ 3
イメージ 4
駅を上から見ることのできる展望台的なものもありました。
まぁ、その時は列車が何もいなかったのでただのホームの写真ですが。

降りた時にホーム内で終わっているかのように見えた線路ですが、改札を出るとまだ続いていることが分かります。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
この線路、JR北海道から稚内市が寄贈を受けて、駅舎建て替え前の場所に当時のレールと車止めを復元したそうです。
だから、正確には繋がっていないということですね。

イメージ 10
その先にも線路が続いているかのようにブロックで表現してあります。
面白いですね。


イメージ 11
遠くから見た駅舎です。

イメージ 12
北防波堤ドームを見に来ました。

イメージ 13
ほんと、古代ギリシャ建築物みたいですよね・・・。

イメージ 14
イメージ 15
日本全国回っているような人たちが野宿してました。

イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
立ち入り禁止の看板が。
確かに行けてしまいそうです。

イメージ 21
この場所から、稚内方面を撮りました。

イメージ 22
防波堤兼通路だったようですが、いまも防波堤として機能しています。

イメージ 23
色々とまってました。


イメージ 24
記念碑等もあったのですが、立ち入り禁止っぽいようなロープが張ってあったので遠くから。
何が書いてあるのか近くで見たかった。

イメージ 25
本当に長いですね。

イメージ 26
SLの動輪が。
昔、SLが静態保存してあったそうなのですが、塩害による痛みのため解体してしまったそうで。
その残骸。

イメージ 27

さて、駅舎の方に戻ります。
イメージ 28
イメージ 29
大きな敷地が公園として整備されています。
昔はこの場所も稚泊航路の連絡船ターミナル関連の場所だったかと思うと、変わっちゃってますね・・・。

イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32

気になったのは謎のベンチ群。
イメージ 33
イメージ 34
何をイメージしてるんでしょうね…。

イメージ 35

ソフトクリーム好きの自分は目新しいソフトがあったら食べるということで。
イメージ 36
イメージ 39
イメージ 37
塩ソフト。
当たりはずれのある塩ソフト(と勝手に思ってます)ですが、これはあたりですね。

さて、宗谷岬行のバスに乗る準備です。
基本、特急のダイヤに合わせてあるため、鈍行だと長い間待たされます。
この駅は11時52分着でしたから、今は13時20分発待ちです。
イメージ 38
しかも、帰りは14時40分発なので、宗谷岬の滞在時間は30分。
稚内では5時間18分準備してたのですがね~。

駅内で売っていたお弁当を購入してバス内でいただく。
イメージ 40
イメージ 41
駅弁と並んで置いてあったのでてっきり駅弁なのだと思っていましたが、どうやら駅弁ではなかったようです(苦笑い)

流れていく風景を見ながらの弁当が一番おいしいです。

ずっと晴れ続きでしたが、稚内だけは曇ってきました。
なんでだ・・・。
イメージ 42

バスの時間が50分もあるので、適当に車窓をパシャパシャ。
適当に撮ったのを張るので適当に流してもらえればいいです。
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48

宗谷岬に到着です!!!

宗谷岬に着いたら最初に挨拶しないといけないのが間宮林蔵
イメージ 49
イメージ 50
まぁ、そんなことは無いんですが。

良く写真で見かける日本最北端の地の碑にも説明板がありました。
イメージ 51
イメージ 52
「私たちが自由に往来できる日本の領土」としての最北端です。
ここ大事。

イメージ 53
この一帯は宗谷岬公園として整備されています。

イメージ 54
観光客にも大人気です。

イメージ 55
イメージ 56
イメージ 57
赤と白の特徴的な灯台です。

イメージ 58
イメージ 59
宮沢賢治稚内に旅行してたんですね…。

イメージ 60
景色はすごくいいです。(天気がいいとは言っていない。)

イメージ 61
風車の建物がありましたが、時間が無く遠くから。
何かの観光施設?

イメージ 62
イメージ 63
場所が場所なだけに、軍事的にも大事な場所なのでしょうね。

イメージ 64
イメージ 65

ここから最北端の碑が見えました。
イメージ 66
さすが、昔の監視所なだけあって見晴らしがいいです。

イメージ 67
イメージ 68
イメージ 69
イメージ 70
イメージ 71
窓から中が見えたので覗いたら、なんか真っ白の部屋になっていて怖かったです…。

イメージ 72
イメージ 73
イメージ 74
一応、2建て?なんですね。

ほかにもいろんなオブジェの写真を撮ってあったのですが、省略ということで。


イメージ 75

イメージ 76
天気が回復してきたのですが、もう離れる時間に・・・。

イメージ 77
そろそろ稚内岬を離れます。

稚内駅戻ってもすることが特別無いので稚内市街地をさまよってました。
イメージ 78
稚内市役所です。

今回はこれで以上です。

お次は7日目(後篇)になります。
旭川まで戻る鉄道旅になります。

最後まで読んでいただき、有難うございました!