想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

僕らはみんな河合荘の聖地巡礼(河合荘の裏手あたり)

今回紹介するのは、河合荘の裏手です。
河合荘が川原町にあるということは分かっていたのですが、具体的に河原町のどのあたりかは分かっていませんでした。
この場所が登場する事で、宮原先生の頭の中で、河合荘が川原町のどのあたりにあるのか、絞り込めることとなりました。
ただ、その場所に河合荘のような建物もないので、完全な想像です。

それではどうぞ。

4巻P29より
イメージ 1イメージ 4
佐久間によって落書のされていた壁を見に来た時に登場しました。
左のブロック塀が、定規で書かれたように直線だったので、実在していないのかと緒も思いましたが、実在していました。
春以降、蚊がいっぱい飛んでいる場所になるので、虫刺されにはご注意ください。
半そで半ズボンで行くと、完全に蚊の餌食となります。

6巻P91より
イメージ 2イメージ 4
椎名が可愛いですね。
僕は、河合荘の中で椎名が一番好きですね。
もうむしろ椎名がメインヒロインです。
佐久間にはもったいないよ…(個人的感想
(背景の説明無し)

11巻P61より
イメージ 3イメージ 5
宇佐君と律ちゃんが手を繋いで逃避行した場所。
ここでドS少女の千夏ちゃんとばったり会ってます。
ここの背景は、実際の風景の左右反転となっていました。
左右反転にすると、実際の位置関係と矛盾が起きやすくなるので、あまりしない方がいいと思うのですが、なんででしょうね?
次の被せてきているコマを、雰囲気のある石垣に被せないようにするためか、今までの「左手にブロック、右手に石垣」に合わせたか、のどちらかくらいしか思い浮かびません。

イメージ 6
反転前がこちら。
さっき撮っている位置からは少し移動しますが、同じ裏道です。
現地で反転と気付いたので、撮影が大変でした。

今回の記事はこれで以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。