想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの5話を見た。

衝撃の事実から一週間からたち、今回は5話。
展開的に、大きく動くようなことはなかったと思うが、ストーリー的には大事なところを通過した。
まァ毎話だけど、ストーリーで大事なとこ通過ってのわ。
 
このアニメはいまだ、肝心な点は分かっていないので、いかような展開にも持っていける状態にある。
なのに、結構泣けそうな話を作り出してくる。
監督が怖い。
はたして、メンマの叶えてほしいお願いと、ジンタンの前にだけ現れるメンマの理由は何なのだろうか?
 
EDがはっきりと本編と別れていないという特徴は、監督が原因なのだろうか?
超電磁砲の時も、このやり方が結構使われたのだが、ぼくはこの手法が好きである。
 
このブログは自分が最終話まで見た後のみネタばれを含みながら感想を述べるという形なので、本編を見て、他の人たちの感想はどんなだろ?と思っている人には物足りかったかもしれません。
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。