想景の地(旧:とある日常の暴走日記)

いつのまにか自分の舞台探訪、聖地巡礼の情報発信の場となっています

君の名は。の糸守町の位置は乗鞍岳のふもと?再確認

タイトルにも書きましたが、
今回の記事では「君の名は。」に出てくる糸守町の場所を再確認していきます。

2016年8月26日に公開された後、1年ほど経った2017年7月上旬に糸守町の場所と思われる場所が発見され、Twitter上でも話題になっていました。
それがこの場所です。
カットとしては、糸守変電所の爆破後に、糸守の明りが停電で消えたカットです。
イメージ 1イメージ 2
左下を中心にアレンジが入ってはいますが、右上の神岡の町の形などはとてもよく一致しています。
山の稜線を追っていくと、なんだかクレーター跡があるようにも見えてきてしまいます。
円盤の発売が2017年7月26日だったので、円盤発売前に発見されたのは当時驚きでした。
その後、「ここが糸守町の設定上の本当の場所」ということが定説となります。
イメージ 29
劇中に出てきた地図を合わせると、こんなふうになります。
航空写真が、北になっていますので、糸守の地図の北と合っていないことが分かります。

でも、別のシーンでも糸守町が特定できそうなシーンが登場してきており、それが上の設定と一致しているかどうか検証は見たことがありませんでした。

ということで、本題はここから。
別のシーンでも、糸守町の位置が同じ場所を設定としているのかを確認します。
僕の知らないところでの2番煎じだったらすみませんw
確認するのは、夢灯籠で出てくるシーンです。
四谷から都庁(新宿)を通って、ビューンと糸守にいる三葉のアップまでのシーン。

イメージ 3
イメージ 5
イメージ 4
イメージ 6
イメージ 7

これを順番に紐解いていこうと思います。

都庁の間を抜けてすぐのシーン。
イメージ 8イメージ 28
三鷹駅武蔵野陸上競技場が、手前に見えます。


イメージ 9イメージ 10
右手前の湖は、多摩湖狭山湖になります。
西武ドームがあるところですね。

イメージ 11イメージ 12
左手前に横田基地が見えます。
アニメの方ではしっかり見えませんが、山並みが一致しています。


イメージ 13イメージ 14
八ヶ岳を通り越したところ。
手前の白っぽく見えているのは、茅野市になります。

イメージ 15イメージ 16
大きく見えている湖は、諏訪湖
糸守湖のモデルではなく、諏訪湖君の名は。の聖地じゃないというのが正しかったのですが、実はこのシーンで登場しており、聖地になっていたのです。
ある意味、糸守湖と諏訪湖が別で存在するということを示唆する事にもなりますね。

イメージ 17イメージ 18
右下の場所は長野県朝日村になります。少し奥に鉢盛山、奥には乗鞍岳が見えます。

イメージ 19イメージ 20
山並みが一致します。
見えているのは乗鞍岳です。

イメージ 21イメージ 22
その乗鞍岳の向こうにちらっと見える湖。

イメージ 23イメージ 24
ここのシーンでは、乗鞍岳のふもとに糸守湖があることになっているのです。

イメージ 27

最初の都庁のシーンから、登場してきた場所を繋げると、きれいな直線になります。
一番左の「糸守湖?」と書いてある場所が、神岡の最初に紹介した場所になり、一つ右の「糸守湖?」と書いてあるのが、今回新しく見つけた糸守湖の場所になります。
神岡に糸守湖があるとすると、このシーンでは直線から外れてしまい、つじつまが合いません。


先ほどの乗鞍岳の向こうに糸守湖が見えるシーンから、糸守湖の場所をあわせると、下の場所になります。
ほおの木平スキー場スキー学校の場所がちょうど真ん中になります。
イメージ 26





イメージ 25



以上の事から、やはり糸守町の場所は架空の場所であり、どこそこに糸守町が存在するとは、言い切れないようです。
アニメ内でも場所が変えられているわけですからね。

今回の記事はこれで以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。